プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/08 (Tue) 09:51
寒天は何度で固まるの?

ここ1ヶ月ほど、果物とコラーゲン入りのゼリーを作っちゃあ食べ、作っちゃあ食べしている。
お肌のしょぼみ対策である。
作り方は簡単。
①グレープフルーツやレモンやキウイなどの果肉を取り出し切りして
②残った果汁+果肉と
③電子レンジで煮溶かしたゼリー液と粉末コラーゲン(薬局などで売ってる)を大さじ4杯くらい溶かしたものを混ぜて
④オレンジジュースなどで量を調節して
⑤ココット型に入れて
⑥冷やす。

直径10センチのココット型で200ccの量が作れるので、
だいたいグレープフルーツ1個、オレンジかぽんかんなどのかんきつ類1個、
それにたまにキウイかレモン、そしてジュースコップ1杯くらいで、
800cc、ココット型4つ分、二人で夜と朝のデザートに食べる分くらいできる。

これが結構劇的に効いていて、しょぼみ&乾燥気味だったオハダが
ぷりぷりしてきた。気がする。
美味しいので、継続は力なりが無理なくできちゃう。
ちょっと量が多く腹持ちもいいので、食事を腹七、八分目にする習慣もつく。
なんだかいい感じ。

ただ、最近ゼリー化させる選択肢として寒天を採用してから、
どうもうまくいかない。
当初はゼラチンを使っていたんだけど、
キウイフルーツを入れてると固まらないので、
(これはプロテアーゼというタンパク質分解酵素のせいだって
食物繊維もとれるし、寒天を試してみることにしたのだ。
キウイフルーツを加熱すれば、ゼラチンでもOKなんだけど、
せっかくのビタミンCが壊れそうでもったいない。

ところが、この寒天、作り方の③、電子レンジで2分ぐらいチンして溶かした液と、
果汁・果肉を混ぜ合わせる段階ですぐに固まりに走る。
④のジュースで量を調節する段階になると、もうかなり固まっていて、
できあがったものがジャリジャリしていて、
あんまり美味しくない。

いったい寒天ってやつは何度で固まるんだ?
気になって調べることに。

かんてんぱぱのホームページによると、
寒天の凝固点は33℃~45℃だと。
人肌より冷たいと、もう早速固まっちゃうのね。
じゃあ結局果汁や果肉やジュースをあっためなくちゃなのか、、、
ビタミンCは何度で壊れちゃうんだ?

こちらに50度くらいらしい、、、とのこと。
そうすると、人肌以上50度以下だと、ビタミンCも壊れず、OKってことに。
さらにこんなページも。
35~45℃温度帯でビタミンCが逆に増えちゃうって。
これはイイ!

しかしこの微妙な温度をどうやって作ればいいのか?
40度といえば、ちょうどお風呂ぐらいの温度だ。

ココット型に水を入れて、実験してみる。
普段作る4つ分で。
電子レンジを350ワットの低出力にして、加熱を1分、その後30秒後と続けてみると、
2分半でちょうどお風呂より熱めくらいの温度。
これでいこう!

手順の⑤と⑥の間に、350ワットの電子レンジで2分半チンする。
を入れて、冷やす。

おーぅ。
じゃりじゃりしないの。
ぷりぷりしてるの。
美味しいの。

調べてみるもんだなあ。(´ー`)
スポンサーサイト

<< 低気圧めぃ | ホーム | クラウディオ・アバドのブランデンブルク協奏曲が聞きたい >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。