プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/05 (Tue) 10:44
体にあらわれるいくつかのアレルギー?反応

チョコ実験継続中... (((´・ω・`)

おとついザーサイを食べたら、またTゾーンが痒くなってしまった。
ザーサイを食べて10分くらいでTゾーンが油っぽくなり、それが痒くて痒くてしかたない。
しまいには鼻とオデコが赤くなってしまう。ひどいときには耳も痒くなる。
その最中は猫の顔掃除と全く同じになってしまう。真剣に。
この油をきちっと洗ったりぬぐうとましになると最近わかったので、顔のがむけちゃうとか、そういう深刻な事態にはならないんですけど。
これってなんでこうなるんだろう?

フライドポテトを食べるとやはりTゾーンが10分ほどで油っぽくなるので、きっと体の脂肪に関係あるんじゃないか???

ザーサイの成分を調べてみると
ザーサイにはカリウムやらカロチンやら体によい成分がいっぱい含まれているらしいのだが、その中で目をひいたのが、アルキルシステインスルフォキシド、硫化合物で、エシャロットにも多く含まれるらしい。コレステロールを分解するすばらしい成分だという。
エシャロットも、痒くなったことありましたよ。きっと、このアルキルシステインスルフォキシドが原因じゃないかしら?
同じく脂肪を分解するという、硫黄系のものも、痒くなったような覚えがあるし。

全くトンデモ根拠の勝手な仮説だが、
硫黄系の脂肪分解成分で体の中をデトックス
<体の中の毒素でアレルギー反応が出てしまう
ってことじゃなかろうか。

ちょっと荒療治で、ザーサイを食べ続けてみようかな。脂肪も毒素も分解されるという仮説が証明されればGOODだし、アレルギーがきつくなれば、この系統のものを避ければよいわけだし。
が、、、ザーサイは中国産。やはり今のご時世躊躇してしまう。
中国の食べ物にはおいしいものがたくさんあるので、早く安心して食べられる体制になってほしいものだ。

アレルギー?その2。急に明るいところに出ると、くしゃみが出る。
これは結構回りにも同様の反応の人がいて、調べてみると光くしゃみ反射だという。もともとまぶしがりで、リムジンバスなど窓の大きいものでサングラスはかかせないが、、、
トンネルの出口付近での事故に注意ですって。なるほど。
このくしゃみって予告なしに急に出るからなあ。まぶしくないようにサングラスで調節すればいいですね。
しかしこれ、英語でACHOO syndromeだって。アチョー。

アレルギー?その3。みょうがを食べると頭が痛い。
この話をすると、周りの反応はだいたい「みょうがを食べるとぼけるとって言うからねえ」。
しかしみょうがを食べるとぼけるってのは都市伝説らしく、もともとは、名前すら忘れてしまうお坊さんのご苦労、"自分の名前を荷って苦労してきた"が元だということ。
(詳細はWikipediaに。)
これはもうぜんぜんわからないけど、香り成分で集中力が増すとあるので、
集中力が増す>脳の血流がよくなる>血管が普段より大きくなっている>頭の神経にさわり頭が痛い
ってなところだろうか?
私のアタマはしょっちゅう痛くなるからなぁ。

しかし調べるとなぜか猫と比較されているアレルギーの多いことよ。
だいたいネギ系が猫はだめなんですよね。
雨の日に調子悪くなるし、眠たいし、干物食べるとテンションあがるし、
きっと私は猫と体質が似ているんだろう。そういうことにしておく。
スポンサーサイト

<< 赤いハートのチョコを作りたい その2 | ホーム | 星取表のフォントの違い >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。