プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/24 (Tue) 22:20
関西三泊四日の旅 3日目は神戸のパンを持って山崎へ

前回の続き。

神戸スイーツはすでに満足いくほど買い物したけど、神戸のパンはまだ。
ということで目をつけていたコムシノワで昼ごはん用のパンを調達することに。

目指すは、コムシノワオネストベーカリー(音出ますのでご注意を)
においはするんだけど、どこにあるかわからない、、、と近辺を何度も通り過ぎ、ちょっとわかりづらい地下にひっそりとあったパンやさんは、ファン及び地元の人々で相当のにぎわい。
大きい荷物を持った我々と同じ旅行客っぽい人、楽器を持った人など、わざわざここのパンが食べたくて来たんだろうなあと思われるファンが結構多かった。
コムシノワ

店内を入ると、いろとりどりのフルーツに彩られたデニッシュペストリーにまず目を奪われ、上質そうなバゲッドやドライフルーツの入ったパンに目を奪われ、おかずパン、サンドイッチにも心を奪われる。
どーれーにしよーうーーー
夫のぴちゃも結構コーフンしている。「いやあ神戸はパンの偏差値も高いですなあ!」

写真は残念ながらボケが多くておいしそうじゃなかったので、敬意を表してアニメーションにしてみた。動くと2倍増しでなんだかおいしそうに見えるでしょ。
コムシノワのパン

これらのパンは次に移動した山崎の美術館の休憩所でいただいた。
けど、ホントはこのパンやさん併設のカフェでコーヒーなんかと一緒に、できたて焼き立てをいただくのが一番と思います。そうじゃないと、もったいない、パンがかわいそうかも。
ちょっと後で食べたパンは、バターが冷え固まったときのむつごい重たさが感じられちゃって、ほんと、もったいないことをしたなー。

神戸、三ノ宮から山崎までは新快速を使うとあっというま。
途中、高槻で乗換えをするけど、その接続もスムーズに、1時間しないで到着した。

今日の大の目的は山崎のウイスキー工場見学。3時に予約済。
それまで2時間弱あるので、学芸員の友人もおすすめの、アサヒビール大山崎山荘美術館に行ってみることに。ちょうどいいことに、JR山崎駅を出たすぐのところに、「お体の不自由な人優先」の無料バスが出ていて、5分もしないうちにやってきてくれるという。歩く方が健康にいいけど、荷物も大きいし、、、と甘んじてバスを待ったら、ほどなく、10人乗りくらいのバンがやってきた。お体の不自由な方にやさしい、ステップつきの入り口に配慮を感じる。

美術館までは車で5分としない距離だけど、近年まれにみる急坂の中腹にあるので、たしかに歩きはちょっときつい。坂の急さ加減は、駅の階段と同じくらい。
バス停を降りると、山荘への出入り口が。
大山崎山荘美術館

昔懐かしのドラマ、「避暑地の猫」でこんなシーンなかったっけ?あるいは、赤川次郎の小説のドラマ化だとか、再放送率の低い2時間ドラマ系とか?私の潜在風景、脳内イメージって相当テレビに占領されている。もしかしてそれがそのうち記憶にもなってしまうかと思うと、超怖い。日ごろからなるべくいいものに触れなければ。

大山崎山荘美術館には、いい具合に山小屋風ロッジがあって、そこで先ほどのパンをむしゃむしゃ。自動販売機もあるので、至れり尽くせり。
館内は一切撮影禁止なので、写真その他はないんだけども、落ち着いた昔のお金持ちのおうちで、時を知らせる柱時計がオルゴールだったり、そのコツコツという音が木造の館の古い木々に静かにしみわたって脈打っているような、長いときの流れを感じる場所。ときどきあらぬところから人の気配を感じるような、だけども怖いのとはちょっと違うような。学校と似ているかな。

我々が訪れたときには、山口晃さんの企画展が開催中で、お客さんもなかなか多かった。
繊細なタッチの日本絵巻にマンガ要素というか、コミカルな要素を含んだ面白い企画展で、いろいろと作者の仕掛けを発見しながら楽しく鑑賞。

新館、と案内が示す方向にすすむと、なんとそこにはおとつい散々鑑賞した安藤忠雄建築が。もうすっかり安藤忠雄の味を知ったので、見ただけでわかるように。てゆうか、現代建築に安藤忠雄の影響の濃いこと。
ヘタにマネすると刑務所になっちゃうから、あんまり好ましくない傾向だとは思うんだけど。

こちらの美術館に併設のカフェは、テラスからの眺めも美しく、昔のお金持ち気分でコーヒーをゆっくりいただける素敵なところ。このたびは時間の関係でパトロールしておしまいだったので、次回はゆっくり楽しみたいな。

何せ今日のメインはウイスキー工場見学なので、90%美術館を堪能したところでこちらを後にした。
スポンサーサイト

<< 関西三泊四日の旅 三日目のメインイベント、琥珀探しに山崎蒸溜所へ | ホーム | 関西三泊四日の旅 三日目は神戸に住んでいる気分で朝を >>

コメント

そういえば

先日所要があり関西空港に行きました。
美味しいお店も名所も行きませんでしたので、残念でしたが、ちょっと気になったことが。。。。

それは飛行機の空路?です。
夜だった事もあり、どこを飛んでいるのか良くわかりませんでしたが、どうも四国のはじを掠めたり、紀伊半島をぐるっと回ったりしているようでした。
関西からの帰りは、感覚的には神戸を右に見て淡路島沿いに南下し、そこからわからなくなったものの、気が付いたら木更津沖でした。
いったい全体どこを飛んでるの?かつ毎回違うの?
って思いました。
最短距離じゃないんですね?
ぜひ、飛行機マニア?のぴちゃさんに聞いておいてください(笑)
ではでは。

Re: そういえば

まるこさん

コメントありがとうございます。
ぐうぜん!実は私も友人結婚式で10日から関西に行ってました。
航路については、ぴちゃからちょくせつコメントもらいますので、下記どうぞ!

marcoさん、こんにちは。飛行機マニアと言ってもマイル・航空券やサービス的な話以外は?…なので素人的な回答となりますことをご了承下さい。

関空→羽田の飛行機はおっしゃる通り、北向きに離陸する夜はその様なコースを取ることがあります。
大阪・神戸の岸を右に見た状態で大阪湾をぐるっと回って上昇し続けます。明石海峡大橋や淡路島を抜け、徳島が横目にちらっと見えるかどうかあたりで紀伊半島へ向きを変え水平飛行(わずか20分程でしょうね)で一気に房総半島南部まで飛びます。

大阪周辺のような込み入った空域では飛行機は必ずしも離着陸時は目的地へすぐに向きを変えるわけではありません。特に関空は周辺住民に一切騒音で迷惑をかけないコンセプトで作られた空港です。充分上昇するまで内陸へ入らないようなコースを選んでいると思われます。同じ北向き離陸でも淡路島までわざわざ大回りしないで飛ぶコースの日もありますが、やはりくるっと左回りして充分上昇しながら空港を下に見ながら戻ってやっと内陸へ入っていくのです。

ちなみに南向き離陸の日もありますが、回数が少ないように思います。どっち向きに離陸してもいい風向きの日は北向きっていうのが決まっているような気がします。羽田着も木更津からアクアラインに沿って降りることが多いですね。たぶん風向きが反対だったりしなければそのコースを定番にしているのでしょう。

次回の関西への来訪の機会こそは大阪城やたこやきなんぞを楽しめるといいですね。またご報告、ご質問下さい。
ぴちゃ http://pichablog.blog50.fc2.com/

ありがとうございます!

やはり遠回りしてるんですね!
まあ住民に迷惑をかけないということなら仕方ないのでしょうが、それにしてももったいない。
最短距離が許されればきっと20分近く早く着きそうですね。
座席予約をきっちりと、かつ事前にしなければいけないのが少々不便ですが、JALもかなり安くなりましたねー。
今後関西方面への出張では飛行機が増えそうです。
またいろんなお話楽しみにしてますね。(^^)
有難うございました。

Re: ありがとうございます!

まるこさん

お役に立てて、夫のぴちゃもきっと喜んでいます☆
3月末から先日まで、何かと忙しく充電中の私&休止中のブログですが、まるこさんも見てらっしゃるんだ!と思うと頑張る気持ちがわいてきます。
せっかくのご訪問にも関わらず、更新してなくてスミマセン。。

関西方面へご出張とのこと、タイヘンですね、でも関西はおいしいお店・おみやげがあって楽しいと思いますので、お楽しみも作ってくださいませね☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。