プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/20 (Fri) 11:58
関西三泊四日の旅 二日目の朝はウェスティン淡路でのんびり

関西三泊四日の旅の記録。

【2日目のスケジュール概要】
・ウェスティン淡路でゴロゴロ
・安藤忠雄建築鑑賞
・奇跡の星の植物園
・明石海峡公園
・移動、バスで三ノ宮へ
・神戸スイーツ購入
・ホテルモントレ神戸で夕食&オネンネ



関西の夜明けは関東のそれより若干おそい。子午線の町のすぐそばなので、ああそうか、こっちが標準だよなあと思って時計を見るともう7時前。いつもの我々だったら、ああもうすっかり朝が始まったなあとNHKのニュースを見ながらモソモソ朝ごはんを食べている時間だ。
まちかど情報室田村アナウンサーがいつものようにお得・おもしろ情報を教えてくれている。
寝坊しないで田村アナウンサーに会えると、ああ正しい一日のはじまりだ、と思えるというもの。

ベランダへ出てみると結構寒いけど、いい気持ち。このベランダも、石タイル?のようなものが埋まっていて、裸足でも汚れた感じがしない。きっと、バッチリ掃除してるんだろな。さすがウェスティン!

国際会議場
まあるいフォルムは国際会議場会議カレンダーを見てみると、医療、バイオといった先端科学のカンファレンスが多いみたい。いかにも、だ。
淡路島の国産み伝説にちょっと触れられているところがさすが、アカデミックでイイ!
私はこないだ古事記を読んだばかりなので、超タイムリー。実は、淡路島って国産みの過程では「失敗作」とされていて、その理由は女神であるイザナミが男神であるイザナギに、先に「いい男だな!(結婚してチョ! あるいはもっと直截的に子作りしよう!の意)」と言ったためなんだそう。女が男より積極的に誘っちゃダメよ、というおはなしなのだ。

この旅行の時には建物の中まで行くことを思いつかなかったけど、チャレンジしてみればよかったなあ。安藤忠雄建築だし、すごく面白そう。それに、束の間の先端科学者気分を味わってみたい。

交流の翼港

こちらに見えるは交流の翼港。神戸空港あたりからボートを出してくれれば便利なのになあ!
自分で2級船舶免許をとって、レンタルボートで行くってのもアリだな。
江東区の運河をクルーズしたいし、沖縄の誰もいない海をシュノーケリングしたいし、これって超アリ!ここ5年くらいの目標にしよっと。あるいは、釣りが好きな定年退職後のおとんにとってもらうか。
でもおとんが松方弘樹ぽくなるのはちょっとイヤ。ふむ。

朝ごはんは、ブッフェが有名でおいしいと評判なのだけど、一人2600円は高い!とケチってふたりで2000円しないパン&ケーキで。昨夜バーの帰りに買い求めておいたのだ。
朝食のパン
でもパジャマのまま、のんびり海を眺めながらの朝食も幸せ。ぐっすり寝た後の朝ってなんて気持ちいいんでしょうね。体の調子がなんだかとってもいい。ヘブンリーベッド、恐るべしだ。
パン&ケーキの味は、もちろん、おいしい!ただ、昨日の19時の段階でかなり品薄だったので、計画的に入手しておいたほうがいいです。

ぴちゃは昨日コルビーのズボンプレッサーでプレスしておいた、ユニクロウールのスタイルアップパンツにきちっとクリーク(ズボンの折り目のことをこう言うらしい、おしゃれな男友達の談)がついているのを見て、いたく感動している。ゴメンネ、普段アイロンめったにしてあげてないのだ。


ケチぴちゃが珍しく物欲を示したコルビーのズボンプレッサー。

ウェスティンのサービスエキスプレスという、ルームサービスがまたレベル高く、無料で借りられるグッズも大変充実。私は加湿器を頼んでおいて、さらに、昨日アルコール飲みすぎたせいで喉が渇き、お茶をかたっぱしから飲んでいって足りなくなったティーバッグをお願いしたら、電話して5分しないで届けてくれた。
次回は自転車をレンタルして、淡路島をツーリングしたいな。←また行く気マンマン。

こんな感じでウェスティンステイを堪能していたら、朝7時前に起きたというのにあっという間に11時。チェックアウトの時間なのだ。
ヘブンリーベッドの上でもういちど感触を確かめて、名残惜しくホテルをチェックアウト。
ああ本当は3泊くらいしたいなあ。1ヶ月くらい滞在してもいい。研究者になって何かの発表と学者たちとの交流って機会だったらサイコーだな。そんな立場になる予定全くないけど。

荷物を預け、コンシェルジェに効率のよい近辺の散策の仕方を聞いて、いよいよお出掛け。
・・・なんだけど、続きはまた次回。
スポンサーサイト

<< 関西三泊四日の旅 二日目は安藤忠雄建築を歩き、 | ホーム | 関西三泊四日の旅 一日目の後半は淡路への2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。