プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/15 (Sun) 15:37
関西三泊四日の旅 一日目の後半は淡路へ

前回の続き。

CiROですっかり満腹、しかもできあがってしまった我々は真っ赤なタコ顔でたこフェリーに乗ることに。
だけど25分ほど時間があったので、珍しくぴちゃがグルメヘゲモニーをとって、先ほどながーい行列だったきむらやの様子を見てみてみよう!ということになった。

15時過ぎのきむらやはやっぱり行列。昼過ぎに見かけたときの8割ほどになっていたろうか、外に並んでいたのは約10名。これならイケルかも?と並んでみることにした。
きむらや

並んでいる最中もガラス越しに、手際よく玉子焼を作っている様子が見えて楽しい。
A:卵をわりほぐす係り
B:卵液を流しいれて鉄板のくぼみ以外についた余分な卵を寄せる係り
C:玉子焼をひっくり返して専用の脚のついたお膳にひっくり返して盛り付ける係り

おのおのが、自分の作業時間1分弱ほど、ちょうど同じ時間で作業して、A→B、B→C、C→配膳係へ、という流れでどんどん玉子焼ができあがっていく。どんだけのおなかにこれが入っていくんじゃ???とびっくりするくらい。
1回に20個くらい出来ているので、二人前かしら?と思ったらそれが一人前だった。
それにしても次々出来てきてるのに、なかなか列が進まない。
やっと、店員さんに声をかけてもらえる順番になったときには、フェリーの時間まで10分きったところ。
「持ち帰りでお願いしたいのですが、25分のフェリーに乗りたいんですけど間に合いますかね?」と聞くと、外で並んでいる人は残り二人まで少なくなっていたけど、あと7,8分はかかるとのこと。フェリーに間に合わないので断念した。
外で並んでいる人約10名で20分待ってNG、30分待ったらOKか?というところだった。
試しに待ち時間は予測できる→リトルの公式に当てはめてみようか。

20分待って、
新たに来た客・・・6人 ∴1分間で列に新たに加わる客数0.3人。
行列の長さ・・・10人
の場合、
(自分の待ち時間)=(最終的な行列の総人数)÷(1分間で列に新たに加わる客数)
だから、
10 ÷ 0.3 ≒ 33分。オオ、合ってる!!!

その場で使えてたらもっとよかったネ。

でもまあCiROでおなかいっぱいだし、カクテルも絶対飲むんだし、また次回ね、とたこフェリーに乗り込む。
たこフェリー

たこフェリーは生活交通として使われているらしく、乗客は自転車や徒歩やくるまなど、さまざまな乗り方で乗船している。この日は休日だったからか、淡路島方面から集団でやってくるバイク野郎軍団と入れ替え。座席までは急な階段を登らなくてはならず、お年寄りや大きな荷物を持ってるひとにはちょっとツライかも。

窓際になかなか居心地のよいソファ席があって、そこでスペクタクルな明石大橋の姿を拝むことができる。こんな感じ。
明石大橋その1
おー大橋が近づいてきちょる
明石大橋その2
くぐるぞー
明石大橋その3
オー今真下だー
明石大橋その4
くぐったー、でかかったナー

てな感じ。
マメ知識を持つ夫のぴちゃが、「周りに何もないからそんなにでかく見えないけど、距離にして約4キロ、鉄塔の高さは東京タワーと同じくらいあるんですよー」と教えてくれた。
たしかに圧倒されるでかさなのだ。
さらにぴちゃがマメ知識を披露することには、
「本来橋の下の部分に淡路新幹線が通る計画だったんだけど、途中でお金がなくなったんだろね、躯体はあるけど中身が通らない状況なんですよ。もったいないけどよくある話です。」
なんてのたまう。出典は中2くらいのときに読んだ昭文社の瀬戸大橋とか地図とかそれ系の本だそう。

昔仕事で関わった人が、「明石大橋のプロジェクトにいたんだよー、地震の時は1mずれたけど大丈夫だった」なんて自慢してたのを、へーって思ってたけど、このでかさを見ると自慢するのもよくわかる。あの時もっと驚いてあげればよかったナ。
住んでたときに眺めても、まさか東京タワーとおんなじくらいでかいとは思わなかった。
かなりの一大プロジェクトだったんですね。ま、地図に残る仕事だもんね。

さて、淡路島に上陸した我々。今夜の宿であるウエスティンに向かいたい。タクシーは1台だけ泊まってて、すぐに別のお客さんがつかまえてしまった。
ぴちゃは「あと5分で路線バスが来るよー」というのだが、私は(歩く=カロリー相殺=食べられる)との信念のもと最近歩くことが好きなので、「たしか2キロくらいだヨー、おなかいっぱいだし歩こうよ!」と海岸線を見ながら歩くことを提案。

コレが間違いだった。

淡路島の岩屋港からウエスティンまでは、一本道で、海岸線だなー、迷わないしそんなに遠くないだろー、と地図の縮尺もよく見ずに見切り発車してしまったのだ。

大きな地図で見る

グーグルマップで測ってみると、約5キロ。2キロ歩くつもりで5キロはちときつい。
いやかなりきつい。
20分くらい、地下鉄なら1-2駅分くらい歩くつもりが、1時間10分くらい、5駅分くらい歩く結果になってしまった。

当然、ウェスティンにチェックインするときにはもうへとへと。
時間は5時半。いかん、ハッピーアワー(カクテルが50%OFFになる)がはじまっちょるじゃないか!

荷解きもそこそこに、意地でカクテルを飲みにいったのだけど長くなったのでまた次回。

スポンサーサイト

<< 関西三泊四日の旅 一日目の後半は淡路への2 | ホーム | 関西三泊四日の旅 一日目は子午線のまち、明石の2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。