プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/14 (Sat) 11:23
関西三泊四日の旅 一日目は子午線のまち、明石の2

前回の続き。

プラネタリウム後のお昼御飯候補は2軒、明石に住んでたころよく通ったあんしゃん亭CiRO(チーロ)のいずれかだったんだけど、なんと、あんしゃん亭は店舗工事中とのことだった。
チーロは予約困難と聞いているけど、、、
ためしに電話してみると、元気のいいさわやかな応答で、「今日は満席で今おられるお客さんが出られたらOKというカタチになってしまいますが、、、ピザのお持ち帰りも可能ですよ。お待ちしてまーす!」とのこと。
こんなスカッと感じのいい電話だと、期待がもてるというもの。
少し時間調整をしてラストオーダー14:00よりちょっと前の、13:30ごろお邪魔しようと、明石駅に荷物をピックアップしてから向かうことに。

途中、きむらやの玉子焼売り場のそばを通ると、お昼過ぎということもあってか、行列のすごいこと。めずらしく夫のぴちゃが「これは食べてみたいねえ」と、チーロのあとに行ってみよーということになった。
きむらやの行列
ひーふーみーよーと数えるのも大変なきむらやの行列。

チーロは海を臨むマンションの2Fにあって、外からみても活気づいている。
「ありがとうー、おいしかったー」と出てくるお客さん。
様子を伺いつつ、「2名ですが大丈夫ですかー」と聞いてみると、運良く「どうぞー」と入れてもらえた。
しかも海が見える席。ラッキー!!!

メニューはどれもこれもおいしそうで、ナポリ仕込みのイタリアン、もちろん新鮮な明石の魚介を使ってますヨーとのことで、迷っちゃう。いや、迷わず頼んだのもあるんだけど。
相談して、おすすめメニューのなかから選んで、食べたのは以下。

前菜
まずはシメサバのマリネ。レモンをたっぷりしぼって。
ルッコラもたっぷり。かすかに昆布〆っぽい味もするかな???
おいしーーーい!!!
なんだかイッキに山陽のサンサン太陽と、穏やかな海の風景が脳内に広がる。
味わいたいけどもっと食べたい、味わいたいけど次々食べたい、
そんな気持ちをデカンタの白ワイン(水みたいにゴクゴクいけますと教えてもらったもの)で落ち着けながら、至福のスタート。

次に来たのは、、、ウフフ、薪釜で焼いた牡蠣。1個190円という親しみやすさ。
牡蠣

チーロにはお店にデーンとおっきい漆喰かな、と青いタイルで彩られた、イタリアそのものな釜がデーンと置いてあり、さわるとほのかにあったかい。
横には薪が置いてあって、薪釜でピザやら魚介のローストやらしてくれるのだ。
そこでちょこっとだけ焼いた牡蠣ですよ。
おいしくないわけがないのだ!!!!!

こっちの牡蠣は、塩味がちょっと薄めかな、仙台の松島に比べると。
でも旨みがたっぷり。ちょっとのりっぽい香ばしさも感じるなあ。
それにしても牡蠣ってなんてエライ食べ物なんだろうか!

最初は2個オーダーしたけど、あまりにもぺロっといったので、ひとり2個ずつ、4つ追加でオーダー。そしたら、こっちの食べたい気持ちを冷やさないうちに、すぐに追加の牡蠣ちゃんが。
次にオーダーしてたものも作りかけだったかもしれないのに、店内は満員でにぎわっているのに、すばらしい気遣いなのだ。

牡蠣完食
というわけで牡蠣完食。

我々が食事を楽しんでいる間にも次々お客さんが来るし、地元のひとだろうか、ピザのお持ち帰りの注文も次々さばいている。
なんだか、とってもすごい。台湾のディンタイフォンを思い出す手際のよさだが、おしゃべりしながらじゃないし、アイヤーとかアチョーみたいな声もなく、聞こえてくるのはお客さんの「おいしーい」って声だとか、ジュワーって焼いたり揚げたりする音。
厨房はオープンなんですけどね。
やっぱり、なんだか、とってもすごい。

次はパスタ。
チーロのパスタ

アンコウとたことイカだったかな、それとかぼちゃのラグーソースと、ラザニアみたいなおっきなパスタ、ほうれん草が練りこんであったかしら。(メニュー失念)
これも、また、おいしーい!!!
塩味と旨みは濃い。赤ワインでもいけちゃいそう。
赤ワインもいっときたかったけど、ぴちゃに制止される。「ホテルでカクテル飲みたいんでショ」

もともとは玉子焼を食べるためにおなかを少しあけとこうと、軽めに頼むつもりだったのだが、
ここまで来るとチーロの大ファンになってるので、デザートも頼むことに。

チーロのデザート
じゃがいもとレモンが入っているという、グラッファというナポリ風のドーナツと、いちごのソルベ。
このグラッファ、大好き!じゃがいものおかげか、軽くてドンドンいけちゃう危険さ。
我慢して、まあ、おなかもいっぱいだったから1個だけにしたけど、3個ひとりでいけちゃいそうだった。ホンネは。たこフェリーの横っちょで屋台で売ったら大盛況になりそう。
もちろん揚げたてのアツアツで、さくっとした食感も楽しめる。さっき注文したばかりなのに、待たせずできたてって、ホントにスゴイ。王将マジックを見ているみたい(※王将では注文して1分以内に料理が出てくる)
たこのはっちゃんの鉢巻みたいなカタチなのは、明石つながりなのかな?
ソルベももちろんおいしい。ヘタなソルベって水っぽかったりするけど、すみずみまでイチゴがきいてる。私はもうちょっと酸味のあるほうが好きかも。
たぶん、下のほうにあるパイナップルなんかで酸味のバランスとってネってことなのかも。

うまい
グラッファを堪能する夫のぴちゃ
このグラッファはぜひともレシピを自分のものにしたいなあ。

最後はエスプレッソでしめるかーと思いきや、デザートリキュールも充実。
クリームリモンチェッロとルコリーノ

よって、クリーム・リモンチョッロとルコリーノ、いずれも自家製をオーダー。
リモンチョッロはレモンのお酒で何度か飲んだことあるけど、これはクリーム・リモンチェッロとのことで、より濃厚。ルコリーノはルッコラのお酒とのこと、養命酒のえぐみがなくなったような、爽やかなお酒。いずれも自家製とのことで、それにしてもかなりイケル。
小売りされてますか?と伺ったところ、NGだった。ザンネン。
お持ち帰りしたかったナァ!

このチーロについて調べていくと、元赤穂市のさくらぐみ・・・という姉妹レストランを指すフレーズがいっぱい出てくるんだけど、さくらぐみは楽天で通販も展開していた。
残念ながら、リモンチェッロはなし。ルコリーノもなし。
自家製にチャレンジするカァ!

でもナポリのピッツァには必ず入るらしい、ビール酵母なる珍しいものはありましたヨ。


有名なミシュランガイドはうまいこと点数をつけてるもので、最高点の★3つは、「それを味わう為に旅行する価値がある卓越した料理」とのことだけど、ここチーロはまさに、あゆミシュラン★★★!
関西に行く機会があれば必ず訪れたいし、Ciroで食べたいから明石に行きたい、そんな店となった。

今でも味を思い出してたまりません。。。

旅行はまだまだ序盤だけど、続きは次回。


大きな地図で見る
スポンサーサイト

<< 関西三泊四日の旅 一日目の後半は淡路へ | ホーム | 関西三泊四日の旅 一日目は子午線のまち、明石 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。