プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/07 (Sat) 09:17
FinePixの能力を活かさなければ

ウイスキーのネタの続きがまだだけど、こっちも緊急性を要するので。

私の使っているカメラは、フジフィルムのFinePixA201
どっか旅行に行くときに、成田空港で3万円くらいで衝動買いしたもの。
10年くらい前と思ってたけど、平成13年、2002年くらいのことだったのね。

暗いところでやたら手ぶれ写真になっちゃうなあとか、料理の写真がピンボケになっちゃうなあ、とカメラのせいにして、一眼デジカメを買ってみようかしらんと昨日ビックカメラに行ってみたら。

「あと2週間待ったら、FinePixF200EXRというのが出て、暗いところもきれいにとれますヨ」
と販売員さんに教えてもらった。

ソニーのサイバーショットの一眼デジカメが3万円くらいであったので、ドウシヨウカナ・・・と迷ったんだけど、販売員さんのお話を聞けば聞くほど、FinePixF200EXRって素人でもキレイにとれそう、とっても私向き。
販売員さんはFinePix愛に溢れている方で、ゴソゴソとその時かばんの中に入れていたA201をお見せしたら、「懐かしいなあ」という声とともに、A201の底力、きれいな写真の撮り方のコツも教えていただいたのだ。

例えば、カメラを持つときには片手で脇をしめる、とか、
シャッターはじわじわ押す、とか。

そんなん基本中の基本じゃーって思われるかもしれないけど、
ここはいっちょ、説明書も読んで、長年愛用のFinePixA201の底力を出させてあげねば!
と思って、調べてみることに。

きちんと説明書を読むと、勝手に誤解していたことも数々。

マクロ撮影=お花モードって、なんとなく1-3mの人物撮影でも使っていて、風景とか遠いところを写すときに山のモードを使ってたけど、それは間違いで、お花モードの最適距離はカメラの横幅と同じくらいの距離だって!

あと、ストロボのS↓のマークって、ストロングストロボ、めっちゃ強い光を出すから暗いトコOKって勝手に思ってたけど、スローシンクロっていって、夜景と人物を撮影するときに良いモード、ただし手ぶれに注意なんだって。

あと、写真がよく斜めになってたけど、画面を9分割できるガイドが表示されるので、それを水平線にあわせるときれいにとれるって。

何にも知らないで、勝手な解釈の数々。(´・ェ・`)
これじゃあボケ写真だらけになるわけだよな。

と思って、きちんと調べておくことに。
とはいえ、あんまりたくさん細かいことを覚えきらないので、シチュエーション別で最適な設定をいくつかピックアップしておくことにした。
あとは、基本AutoストロボのAuto撮影(露出とかホワイトバランスとかよくわからないものを最適にしてくれる)で。画面ガイドの9分割は使ってみようかね。

Finepixは日本企業の良心に基づいて作られたすばらしい製品で、サポートもばっちり。
こんな昔の製品なのに、ちゃあんと説明書がインターネット上に掲載されているのだ。
説明書をなくしちゃってもOK。でも企業の良心をムゲにするようなユーザーではいかんですな。

まずは、料理の写真。機内食とか、暗いレストランでは?
マクロ(花)モードで、カメラの横幅くらい近づいて、ストロボ発光禁止で自然の光の感じで撮るか、暗い時にはS↓で撮る。S↓はゆっくりシャッターがおりるので、手ぶれに超注意すること。

マニュアルモードにチャレンジするなら、ホワイトバランスを太陽のマークと反対にすればするほど、暗い場所で撮りやすい。電球のマークだと、緑っぽくなるので、赤い光の時にだけ使うこと。
+-の露出補正は、+のほうがメリハリついた画像になる。料理は+のがいいかもね。


次、ホテルなど室内のインテリアをとりたいとき。
山モードで、なるべく台の上とかに置いて、固定された状態でS↓で撮る。明るい場所ではストロボなしでAutoホワイトバランスに頼ろう。色をはっきりさせたかったら、+のがいいかもね。

記念撮影で、顔をとるとき。
山モードで、3m以内で撮らないと、ストロボの意味はない。
目のマークで、赤目防止ストロボを。逆光なんかだったら、↓の強制発光ストロボを。
+-は-のほうがしわとか少なくとれる???

こんなもんカナー。
ファインダーとレンズの汚れもお掃除して、
旅行の写真きれいに撮れるよう、いっちょガンバロー!

(あ、結局デジカメは買わず、しばらく様子見という結論だす・・・新製品FinePixF200EXRが3万円くらいになるまで、待ってみるつもり(◕‿◕✿)


スポンサーサイト

<< 関西三泊四日の旅 一日目は子午線のまち、明石 | ホーム | 関西3泊4日の旅 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。