プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/28 (Wed) 15:47
好みのウイスキーを見つけたい 文化編 その2

前回の続き。

ウイスキーにはまりはじめた私が、ウイスキーを開拓するのに参考となる情報を調べておくネタ。

村上春樹作品の続きから。
お酒を飲むシーンはおぼろげに覚えているのだけど、以外とウイスキーだと思ったら上等の赤ワインだったり、ウォッカ・トニック、ギムレットだったりする、、、
それぞれの味を明確に思い出せたら、もっと文章の味わいが違うんだろうなあ。

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
(1997/09)
村上 春樹

商品詳細を見る
主人公の奥さん、あるいは奥さんに関わるメタファー、ペルソナが幽閉(?)されているホテルの一室にいつも置いてあったのは、カティーサーク。

ギターの男が手のひらを焼くシーンで主人公はウイスキーを飲んでるけど、銘柄確認できず。
ストレートってことだから、シングル・モルトかな?




海辺のカフカ (上) (新潮文庫)海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
(2005/02/28)
村上 春樹

商品詳細を見る
海辺のカフカでは、主人公のお父さんのメタファーが、ジョニー・ウォーカーさん。
さすがに主人公が少年なので、他にはあんまりお酒の話題はでてないようだけど。





女性の作家はどんなのをおすすめしてるんだろう。
アル中の女の人が主人公なので、お酒のシーンが異様に美味しそうな、江國 香織著、「きらきらひかる」。
きらきらひかる (新潮文庫)きらきらひかる (新潮文庫)
(1994/05)
江國 香織

商品詳細を見る
確か皆でウイスキーがぶ飲みしてたよなーと思ったら、違った、ミント・ジュレップというウイスキーのカクテルだった。
こちらはケンタッキーのバーボンで作るそうだけど、ケンタッキーダービーで公式飲料とされているレシピでは、アーリータイムズを使うのだそう。夏に試してみたいイッピンですな。





文学編最後は、自他共に認めるアル中でいらした、中島らもさん。
アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)
(1999/03)
中島 らも

商品詳細を見る
私はアル中にはなりたくないので、マネはできないけど、ラストドラッグ=アルコール にて紹介されているのは以下ふたつ。

トリキン(=トリス・キングサイズ)ってコレかな。。。

4リットルで3000円ちょっとって、安い。だからおすすめなのか、らもさん。。。

めちゃめちゃ仕事がたてこんでて、大変な状況で燃料になっていたそうなのが、ワイルド・ターキー。


らもさん、きっと今は天国で美味しいお酒を飲んでるんだろね。




ネオン街からも紹介してもらおうか。
女帝 1 愛蔵版 (1) (ニチブンコミックス)女帝 1 愛蔵版 (1) (ニチブンコミックス)
(2005/08/26)
倉科 遼

商品詳細を見る


残念ながらブック・オフしちゃったみたいで、ウロ覚えだけど、ヘネシーとかオールド・パーって書かれていたような。


ヘネシーはウイスキーじゃなかったや。


さて、まれに調子が良くなると、ウイスキーを飲んでいたおとんは。

昔よく飲んでいたのは、サントリーオールド。


最近のおすすめは、竹鶴ですって。



ウイスキーのにおいにむせそうですが、次回はエアライン機内食でラインナップされているウイスキーを調べてみます。

スポンサーサイト

<< 関西3泊4日の旅 | ホーム | 好みのウイスキーを見つけたい 文化編 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。