プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/08 (Mon) 18:55
タネを拾った

先日、成田空港の近くにある航空科学博物館に行ってきた。
目的はジャンク市
航空グッズ(座席シートだとかゲートの案内板だとか機内食の食器だとか・・・)を購入できるチャンスとあって、行ってみたのだ。行ったのが最終日の昼過ぎだったせいか(ツウは初日の開店時をねらうらしい)、あまりめぼしいものはなかったのだが、JALの小汚いスーパーシート特価15万円に夫がよだれをたらしていた。
冷静に考えると15万円で上等のソファが買えるし、もしかしたらマッサージチェアも買える。
これが飛行機に乗っていたのか・・・というロマンに15万は安いと考えるかどうかは、アナタ次第だ。
ちなみに通常シートは20万から30万。中古品で汚くても結構高い。だから今回はなかなか安め。
リクライニングは電気が通じないのでヘンな手動操作しなくちゃだったり、収納式簡易テーブルが出ないようになっていたり、とにかく汚かったりするけど、マニアは手入れをしておうちで楽しむのだ。
一時、頭がおかしくなって「うーん分解して全部手入れしたらおいちゃってもいいかしらん・・・」なんて思ったが、今回はジャンク市参戦が初めてということもあり、泣く泣く(夫にとっては)見送った。

そのジャンク市に向かうのが結構大変で、東京駅からJRハイウェイバスの八日市場行きというのに乗ってから、10分程度歩くんだけど、まあ千葉の自然の威力の強いこと。
アスファルトから雑草がたくさん顔をだして、歩道を歩けないくらいだったし、名もない日本のジャングルの中を分け入っていくようなイメージで炎天下をアップダウン歩いていった。

大きな地図で見る
右下の交差点付近にバス停があり、くねくね道(上り坂及び下り坂)をしばらく行って、その後飛行機の見える方向に坂をのぼっていく。

こんな道歩くの小学生の頃ごみ工場見学以来だなあ(そしてそこで化石を拾った)なんて、タイムトラベルしたような気分になっていると、頭上をばかでかい飛行機がびゅんびゅんゴゴゴゴゴゴとやってきて、着陸していく。
それだけで夫のテンションはもうアゲアゲで、
「もともとANAは日本ヘリコプターという会社だったので、NHというコードなんですよ」
という豆知識を披露したり
「早くあのYS11に乗ってみよう!」などと意味不明なことを口走りだし、
足取りも軽くどんどん先の方へ行ってしまうのだが、私はなかなかかわいい道端の雑草に心ひかれていた。(坂に疲れていたのもあってサ)

そんな中、今回の本題のタネを拾ったのだ。

写真一切とってないのだが、、、
印象はツル性のルピナス。ツルは、三枚葉なのでツタウルシにも似ていてちょっと怪しい。ツタウルシこそ、磊落な父のトイレットペーパーになってえらいことになったクダンの葉っぱなのだ。

つる性・フジ とか つる性・ルピナス だとか、いろいろ調べていったら、やっとわかった。
葛(クズカズラ)だった。

葛が載っているページ

ところが、この葛、育てようとしている人がいないみたい。
葛の育て方を調べようと検索しても、なかなか見つからない。
どちらかというと、雑草、悪玉扱いされている植物なのだ。

理由は、繁殖力が強すぎて、他を圧倒してしまうからだそう。
お花はちっこいルピナスみたいでとってもかわいいのにナァ。(´・ェ・`)

母に相談してみたら(母も田舎育ちなので自然にくわしい)、
・基本的には大きくなりすぎるのでやめといたほうがいい
・秋の七草である
・ツルはかごの材料になる
・根っこは葛湯の原料になる
・風邪薬で有名な葛根湯の材料でもある

などなど、お役立ちの情報が!
私も調べてみたら、葛の葉っぱは葉緑素が豊富で、おひたしにしたり、天ぷらにしたりすると造血作用や腸のぜん動を助けるなど、もろもろイイコトある料理になるって。

葛の葉の調理法について記載のあるページ

しかし、育て方はわかんない・・・(つд⊂)

葛 実生でやっと、飼料用葛について というページをみつけた。

こちらによると、
・深さ5-8寸位の条又は穴を堀り,
・堆肥,石灰を入れると理想的
・時期は梅雨時が一番
・発芽率は風呂湯漬(40度昼夜)したものを播種すれば100%

ですと。条ってのは筋道ですと。一寸は約3センチなのでかなり深植えだ。
ようし、来年の梅雨までこのタネをとっといて、来年の秋にはお花を楽しむぞ!
もしかしたら暑さをしのぐグリーンカーテンに最適?

とりあえず今日はこんな下調べでおわりにしておく。

葛の葉、というと安倍清明のお母さんの逸話がいっぱい出てきた。
日本に昔っからある、生命力の強い植物。
来年楽しみだなあ。(´∀`*)
スポンサーサイト

<< course you can do it | ホーム | 回想:ニュージーランドのワイナリー巡り マルボロ編 その3 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。