プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/27 (Wed) 09:49
鳥の落し物が大きゅうなった その2

前回の続き。

ヒヨドリのウ○チから大きくなったこの木何の木?と磊落な父にメールしてみた。
みかんかお茶だったらいいなあ
センダンかウルシか

そしたらたった2行で返ってきた。

==============================================
背の高いのは欅、低いのはクロガネモチだとおもいます。
どちらもカブレル心配はありません。
==============================================


うーんシマッタ
父はわりとなんでも「ケヤキだ」って言う人だったのだ。
山で何かわからない木があると、ふたことめには「ケヤキ」。
悪い予感がする。

調べてみて、反対意見を述べてみた。
----------------------------------------------
これらの木はヒヨドリ由来なのです。
だから、怪しいのはヒヨドリのえさになる木です。
彼らがよく食べる木の実は、モチノキ、アオキ、クロガネモチ、センダン。
ほかは、ツバキやサクラの花の蜜、キャベツやブロッコリー、イチゴ、ミカンなどだそうです。

ケヤキの木のページを見ると、葉っぱが互い違いに生えていますが、
このナゾの木は左右対称に生えています。
センダンかウルシか

ちなみにセンダン、ハゼノキはこのような葉っぱの生え方をしており、
ハゼノキだったらかぶれるので困るなあと思っています。
----------------------------------------------


そしたら父の次の返信では、もうめんどくさくなってるみたい。
==============================================
ケヤキをうたがっているようであるが、
ケヤキの幼木はこのような姿をしているので
まず間違いないとおもいます
もうチョット様子をみてチョ!
==============================================


なんなんだろうこの自信。。。
もうちょっと根拠らしきものをのたまってくれるといいんだけど。。。

思い出したよ。父は

 磊落 < テキトー < フィーリング


の人であった。。。私もそれをしっかりと受け継いでイル。。。

捜査の記録を整理しておこう。

ケヤキ・・・葉っぱ互い違い
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/ulmaceae/keyaki/keyaki.htm


センダン・・・葉っぱ左右対称
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Melia_azederach2.jpg

ハゼノキ・・・有毒、葉っぱ左右対称、木の枝が赤い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%82%AD
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Rhus_succedanea-01.jpg

これらの木、紅葉で個性が出るという。
ケヤキは、茶色黄色になったり、赤くなったり、場所によっても違うが、イマイチな紅葉。
センダンは、緑が薄くなってばっさり落ちるという。
ハゼノキの紅葉はすばらしくきれいだって。毒あるものって魅力的なの多いね。

同じ様な状況の人のサイトも見つかった(音が出ます)
http://www.bekkoame.ne.jp/i/toshiko/wagayanoki.htm

やっぱりどうしても気になるので、
最終手段、区役所にも近所の植栽の状況を質問してみた。
ヒヨドリの行動範囲がどのくらい広いかは知らないけど、
ヒヨドリはトコロテン(つまり食べたらすぐに出ちゃう)タチらしいので。。。

そしたらっ
近所の西友の通りには、クロガネモチとセンダンが交互に植わっている、とのこと。
だけども、ハゼノキは繁殖力が強いので、結構ソコココに生えてくるよーという、
とっても的を得た回答をいただけた。

うちに来ていた頭の毛に特徴のあるヒヨドリが西友の木で悪さしてみるのをみたことがあるので、
きっとセンダン&クロガネモチに違いない!
センダンは香木なのだ。母によると、花もいい香りだし、実もかわいいって。
ヽ(´ー`)ノ

私の中では、クロガネモチは確定、
センダン90%、ハゼノキ10%だと思う。でももし紅葉したら、ハゼノキ。
センダンだったら、葉っぱはばっさり落ちるという。
そしてクロガネモチ、父も半分は当たっていたのだ。さすが。

同じ場所から生えているし、植え替えしようと思っていたけど、
今はきっと成長期で植え替え不適期なので、紅葉後まで様子を見てみよう。

それにしても、こんな質問にもすごく丁寧にお調べ、ご回答くださった
江東区役所、水辺と緑の事務所さま、ありがとうございました!

夏の自由研究、間に合ってない子がいたら、
このネタ使っていいよ(* ^ー゚)
スポンサーサイト

タグ : 園芸

<< 回想:ニュージーランドのワイナリー巡り マルボロ編 | ホーム | 鳥の落し物が大きゅうなった >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。