プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/01 (Fri) 10:21
涼しさを感じるBGMを探して

今日はなかなか涼しくて心地がいいが、7月になってからの暑さにはまいっている。
地球温暖化だし、電気代高いし、などとなるべくエアコンなしでがんばろうという意識のもと、保冷剤をタオルで巻いて、首の後ろにつけて自分を冷やし、
「こうすると暑さが逆にほっとする、いいですねぃ」
(´ι _`  )
と快適に過ごしていたら、体を冷やしすぎたらしく手足がしびれてきてしまった。
あんまりいい方法じゃないみたい。
(でもどうしても日中お外に出なくちゃいけない場合は、スカーフに保冷剤を入れて出かけると一人で涼しさにほくそえむことができて、なんだかうれしい。これってノーパンの開放感と似てるんじゃないだろうか?)

加えて近頃はセミの恋歌が暑さに追い討ちをかけて、ストレス度合いがUPすることこの上ない。
何か、涼しくなるBGMで家の空気を変えてしまおう。

さて、涼しくなるファクターとは何ぞや?
・風
・水
・氷
・広い空間
・青い色
・心頭滅却すれば火もまた涼し
こんなところだろうか?これらを感じられるBGMがあったらサイコーだ。

豊洲のららぽーと、クワイエットアワーズで求めた噴水は、なかなかいい。
我が家を訪れるお客様からも好評価だ。
→クワイエットアワーズのファウンテン

楽天市場店ができたのね。


うちでは、右のタイプの一回り小さいのに、パピルス、根元にポトスとシダを入れてます。
掃除が必要(常に水をたたえているので、カビが生えやすい←ぞうきんで拭けばOK、アルコールの霧吹きも有効)
すっごくいい感じ。音も楽しめるし。(たまに水もれ?という人いるけど)


涼しいBGMの話に戻ると、
風鈴も、風を感じられていい。氷がカラカラいうのも、気持ちいい。
と、
これは金属的な音が心地いいということなんじゃないか?

金属的な音が音楽になっている>>>ガムラン?
そうよ!ガムランよ!

と思い立ったので、銀座の山野楽器へ。
山野楽器はほぼ全てのCDをマシンでセルフ視聴できるので、当たり外れのありそうなものを買う場合にはとってもイイのだ。
平日のわりあいのんびりした空気の中、地下1Fのワールドミュージックコーナーで視聴すること小1時間。
最高の1枚を見つけることができた!

耽美と陶酔のガムラン耽美と陶酔のガムラン
(2000/08/02)
民族音楽マンダラ・ジャティ

商品詳細を見る


ココで視聴可。

バリ島オプショナルツアーでよくある、レゴンダンスの音楽が心地よい。
バリの夜の虫の声も入っている、ライブ録音なのだが、音に奥行きがあってすごくイイ!
たぶん、バリのガムランって多くの人がイメージする、下手にアレンジされていないそのものの音楽だ。

そして、これは期待以上だったのだが中に入っている解説がすごく詳しい。
ガムランて、一度弾いたことあるんだけど、ひとつのメロディーを複数の楽器と複数の人で演奏する。すごく贅沢な演奏だ。
例えば、ミ ファ シ ド ソ シ ソ ファ というメロディーがあったとき、

A:ミ
B:  ファ            ファ
C:     シ     シ
D:         ソ    ソ
E:       ド

と、ひとつに聞こえるメロディを5人で作っていたりする。
これは、演奏に際し非常に集中力を必要とする。
一人が全体になれる、その場にいる人の意識が体を飛び出し一体化する、なんとも不思議な精神世界が生まれる音楽空間なのだ。
学生時代にそういえばそんなガムランのレポート書いたなあ
なんて思い出して、(文学部美学科音楽学専攻だったので、そんな課題がありまして)
すごく懐かしかった。

この録音には、その複数の楽器を使用する奥行き感や、人間の耳には聞こえないが確実に空間に作用している音域も収録してあるという。
その素晴らしい解説を書いているのが、大橋力さん。
この人、ダレ?どっかで聞いたことあると思って調べたら、山城組の人だった。

あの偉大なアニメ、「AKIRA」のサウンドを作った集団だ。
(話はそれるが私は"前衛的"という言葉を山城組をキッカケに知った)
このCDにも、AKIRAのサウンドのエッセンスがあるので、アレ好きな人はきっと好きだと思う。

この贅沢な演奏、王様が瞑想に入るときや、しとねにつくときに奏でられたんですって。
(解説書より)
わが夫も、これを流していると赤ちゃんのようにコンポのイコライザーの表示を注視して無我の境地に。(だいぶお疲れの様子で、ちょっと最近しんぱい。)

さて、そうして涼しさは得られたのか?

・・・それは、好みによると思う。
涼しいというより、無我の境地。「心頭滅却すれば~」に近い。
でもこのガムランを最大限楽しめるのは、やはり夏だな、と思う。

大橋さんはガムランのなかでもスマルプグリガンというジャンルが艶治豊麗でグー、とおっしゃってるので、スマルプグリガンにこだわって探してみるのもいいかも。

あと、サウンドスケープとか、環境の中の音に興味がある人は、大橋さんの著書がオススメ。
音と文明―音の環境学ことはじめ ―音と文明―音の環境学ことはじめ ―
(2003/10/28)
大橋 力

商品詳細を見る


学生時代に、たしかこの人の本を読んだのだが、専門書なのでスイスイ読むことはできないけれど、まさに知識の泉でとってもよかった。
このCDの解説書読んでイケルと思った人は、ぜひに。



追記
偶然見つけたのですが、山城組のケチャを新宿で今日から楽しめるらしいです
(無料、昼過ぎから夜8時ごろまで)
http://www.yamashirogumi.jp/event/event.html
近くにお勤めの方、呑みに行かれる方はいかがでしょうか?
スポンサーサイト

<< いっつも眠ってしまういい映画 | ホーム | 地震に備えておこう >>

コメント

涼しい技

あ、保冷材って使えますよね?
私も最近、ちょっと試しにハンカチに包んで、電車の中で汗を拭きつつ冷やしてます(^^;

それより、ノーパンの開放感って?ノーパンで歩くと開放的な気持ちになるもんなんですか?
想像もつきませんねー。(笑)
開放感って言うか、誰も知らないんだぜ、(`ー´)イヒヒ的な感じでしょうか?(^^)
風邪を引かないようお気をつけくださいませ~!

イヒウフです

あの、大きな声ではいえませんが、
イヒヒ、ウフな感じです。
誰も知らないけど私だけ・・・!!!って感じ!きっとまるこさんが想像してらっしゃるのといっしょ!!!
でも、試してみたのは玄関からポストまでですから!!!
(*゚∀゚*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。