プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/02 (Wed) 12:38
ハノイ3泊5日の旅 最終日はスパ

ハノイでの滞在も3日目を迎え、あっというまに日本に帰る日になってしまった。
ハノイの空港を発つのは夜。夕方までのフリータイム、ただしホテルはチェックアウトしなくてはならない時間を、我々はスパで過ごすことにした。

予定では、昼ごはんを近くのシェラトンホテルのすぐそばにあるヴァインというフレンチレストランで楽しもう、と思っていたのだが、(ベトナムで味わうフランス仕込みのフレンチは相当楽しみにしていた)、シェラトンの朝ごはんがゴージャスすぎて、しかもフルーツが山盛りで置いてあったり、帰ってきた時間にはケーキがおいてあったり、夕方にはカクテルが楽しめたりしたので、もうおなかはパンパン。
で、やむなくフレンチには行かなかった。
これもまた次回の宿題だ。

シェラトンを出て左手の方向に高層ビルがあって、そこはあたらしいショッピングセンターのようだったのだが、こちらへの散策も、次の宿題。

ちなみにシェラトンのゴージャスな朝ごはんはこちら
シェラトンの朝ごはん


フォーと、バインミー(自分で作る)。それに、果物たくさん。
フォーがとっても美味しくって、毎日食べた。

昼までグダグダまったりしたり、近所を散歩して過ごし、いよいよスパへ。
スパはZenSpaという有名なところで、これまたシェラトンから程近いところ。
でも地図を頼りにはいけない(地図がすごおくいいかげん)なので、タクシーで初乗り1万5千ドンで向かった。

ゼン・スパで予約しておきたのは、Together Foreverという、二人で受けられる4時間半のコース。これで二人で325ドル。
1時間100ドルがだいたい相場だなあと感じているので、これは、とっても安い!

だけど、中身はとってもゴージャスで、お姫様気分になった。

まず、塩スクラブでやさしーく全身スリスリ。
働き者のベトナム女性のエステは、とっても優しくて丁寧。
全身くまなく塩がまぶされたら、軽くラップして汗をじんわりだす。
その後、移動して塩を流し、ハスの花がたっぷりはいったお風呂へ。
ハスの花で、背中や腕をこすってもらい、かつ、肩をマッサージしてもらう。
思わず気持ちよくて「ほぅ。。。」と声が出てしまったら、心配そうな顔をされてしまった。Σ(・ε・;)
途中、ハーブティを飲みながら20分ほどじっくり温まる。

ハスの花のお風呂のあとは、レモングラスのスチームバス。
生のレモングラスと、数種類のハーブの下にスチームがあって、気持ちの良い香りが充満している。
今度はニガウリのお茶を飲みながら、汗を出す。
「あ~今確実にデトックスしているなあ」と実感する。

我慢できるか出来ないギリギリで開放され、シャワーで汗を流したら、エアコンの効いているお部屋でフットバスと、また違うお茶。
フットバスには何やら海草のようなものと、唐辛子のように刺激を感じるハーブが入っていて、まだまだ汗がどんどん出てくる。向かいの夫は汗っかきなので、しょっちゅうタオルで玉の汗を拭いている。
でも、エアコンの風で気持ちがいい。
(しかもこのフットバス、悩みのタネの慢性的軽い水虫にめっちゃよく効いた!)

その後は、全身をアロマオイルでマッサージ。
もうこのころには「どうにでもして~」状態である。
気持ちよすぎて、汚い話で申し訳ないのだが、、ガスが出ないように気をつけねばならなかった。

そんなにゆったりマッサージしてもらっても、4時間半のコース、まだ1時間弱ほど時間がある。
そ・し・た・ら、、、
残りの時間は全部フェイシャルなのだ!
もうよく覚えていないけど、
クレンジング

スクラブ

アロママッサージ

はちみつのようなパック
と、優しく顔を1時間もナデナデナデナデ、、、されると、もう夢の中。
気付いたら寝てしまっていて、

「マダーム おわりました」
と声をかけられていた。

はぁ、今書いていてももっかい行きたい。
夫は3歳くらい若返ったようだったし、もしかしたら私も?
疲れると出てくる口のしわ(ホウレイセン?)がなくなったし、目がなんだかひとまわりおっきくなったみたい。

その後、お茶と軽食が出た。これまた滋味豊かで美味しい。
肉味噌が味わい深い生春巻きと、ポタージュスープ。これもベトナムの料理のひとつだそうだが、名前は忘れちまった。。。
ほうれん草とか、グリーンピースのポタージュにビシソワースが合わさったみたいな素敵なスープで、ベトナムの人ってなんて美味しい料理を作れるんだ!と感動。
ぼけた写真をUPしときます。(どなたかへたくそでもぼけないカメラを紹介して~)
ゼンスパの軽食


ゼンスパを出るともうハノイとさよならの時間だった。
空港に行き、夜行便でひたすら日本へ。
帰りのTG便については寝てばかりで感動が薄かったので語るの省略。
もうこのころには、半分現実に戻っていて、なんだかな、、、である。

そうして今でも未練がましく、ニョクマムを使った野菜の炒め物や、フォーなどを食べている日々。
あーもう絶対絶対また行きたいのだ!
ベトナムは いい(≧∇≦)b

おいしい国は、いい国だ!!!
スポンサーサイト

<< 味の素の適切な摂取量を調べておこう | ホーム | ハノイ3泊5日の旅 3日目市内観光の続き >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。