プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/27 (Fri) 19:00
関西三泊四日の旅 三日目のメインイベント、琥珀探しに山崎蒸溜所へ

前回の続き。

大山崎山荘美術館の送迎バスで再びJR山崎駅に戻った我々は、トボトボと山崎の駅前の町並みを通ってサントリーの工場へ。

私は団塊ジュニア世代にあたり、団塊世代が新規開拓したような町や、学生街、サラリーマンの住宅街など、わりと新陳代謝の活発なエリアでしか暮らしたことがないので、山崎のような歴史のある民家が連なる通りはとっても新鮮。
ひいばあちゃんか、それよりもっともっと上の世代からこの土地に代々住んでいます、というイメージの立派なお宅が立ち並んでいる。
後から知ったことだけど、JR山崎駅からサントリーの工場に至る道は西国街道といって、江戸時代から京都~下関を結ぶ古い道だそう。また、この山崎の地もかの天王山の戦いが繰り広げられた舞台とのこと。明智光秀と豊臣秀吉が、命運かけた勝負を行った。そこにはさまざまな謀略・情報戦があったことだろう。
湿気が多く、山深く、簡単に気配を消せるような、あるいは霧の中から隠密が出てきそうな。
空気はちょっと苔くさいというか、かび臭いというか、独特の古い香り。
先ほどから思い出したように降る日和雨がひざしを不確かなものにして、いっそう視界がセピア色に。あるいは、低気圧で貧血気味なだけか。

新快速がガンガン飛ばす踏切をギリギリの時間で通過した先に、あらわれたサントリーのウイスキー工場、山崎蒸溜所。
巨大な蒸留用の機械が役目を終えた後この工場のシンボルとして客を出迎えてくれる。

受付を済ませ(無料プレゼントはこのタイミングで用紙を渡してもらいましょう)、案内されたその先にはアイルランド風の建物。(アイルランド行ったことないけど)
山崎工場

中は博物館のようになっていて、じっくり眺めたい感じだったけど、予約しているツアーがまもなく始まる時間だったので、「ジカン ジカン」と慌ただしく中へと急ぐ。

平日だったため、参加者は3組5人。これが土日だと、50人以上になることもあるんだそう。
ウイスキーが原料からカタチを変え、工程を積んで作られていく順番に、見学していく。
工場でモノが作られる様子って、テレビでみていてもわくわくするほど面白いけど、実際に行ってみると楽しいのはそのニオイ。
工程が進むにつれニオイも変化する。最初はパンのような麦の香り、次に熟れたリンゴの香り、そしてウイスキーの香りができてきて、最後には樽の香りが加わって重厚な味わいに。
ピート(泥炭)という、ウイスキーの香りを構成する原料のニオイも確認することができて、これで「ピート香が、、、って言われてもハテナ?」と思っていたのが、アタマの中のにおいの引き出しに格納されてラベルがつけられた。どんな香りか?私は海の香りを強く感じました。しょっぱい海のにおい、燻製のにおい、潮風にさらされた針葉樹のにおい。
発酵

ワインやビール=醸造酒、ウイスキーやウォッカ=蒸留酒といわれているけども、それは、麦だとかぶどうなんかのエキスに酵母(イーストなど)を加えて発酵させて、アルコールになったものを飲むのが醸造酒、それをさらに蒸留して、不純物を少なくしたものを蒸留酒って言うんだそう。今回初めて知った。蒸留酒の方が、悪酔いしにくいんだとか。でもそれはどうかなあ。ウォッカで二日くらい再起不能状態だったことあるし。

蒸留
こちらの工場のシンボルにもなっている、蒸留釜。蒸留釜にはいくつか種類があって、管の長いの短いの、太いの細いのだのと違いによって、それぞれ特長の異なる味わいをひきだしているんだそう。

のち、樽のなかでしばしのオネンネタイム。
熟成

それはそれは見事な貯蔵庫で、インディジョーンズで聖櫃がしまわれた倉庫だとか、X-ファイルでナゾの証拠がしまわれたりする倉庫みたいな、シンとした場所。
コツコツと自分の靴音がうるさく、ウイスキーを起こしてしまわないかしら?と心配なくらい。

蒸留された原酒は、樽の中で呼吸しながら少しずつその体積を減らし、濃縮されていくんだそう。樽がオーク樽なのか、白檀なのか、シェリー酒をつけたあとの樽なのか、梅酒をつけた後の樽なのかで味わいに違いが生まれる。貴腐ワインの後とか、はちみつの樽とか、塩漬けライムの樽、はたまた赤味噌樽なんかだとどうなるのかしら?そんなの作ってくれないかな???

ところでもうひとつ、この工場見学で知った知識なんだけど、「山崎12年」とは、数種のモルト原酒からブレンドされたシングルモルトウイスキー。今まで見てきたように、蒸留方法の違いだとか、樽の違いだとかでワインなんかだとビンテージ、当たり年なんてできのいい年のワインは賞賛されるけど、ウイスキーにはそんなのないの?と質問すると、そもそも「12年」の意味とは、「少なくとも12年以上たったモルト原酒を使用して作られていますヨ」って意味なんだそう。毎年毎年、ブレンダーさんが、「山崎12年」の味と香りをイメージして製品にしていて、去年も今年も、「山崎12年」は「山崎12年」なんだそう。へぇー。

このブレンダーさん、山崎蒸溜所では12人在籍していて、うち2人は女性だそう。鼻と舌のとぎすまされた人々なんだろうなあ。どちらかというと、料理人より芸術家と思う。なんだか指揮者に似ている。指揮者はその素晴らしい耳と音楽体験でもって、さまざまな楽器の個性をまとめあげて音楽世界を作るけど、ブレンダーは鼻と舌で原酒のハーモニーをまとめあげ、至高の琥珀色の液体を作る。そんな芸術品をいただくから、ウイスキーって脳が休まる飲み物なのかなあ。

さて、ひととおりまわったらあっというまに1時間。お楽しみのテイスティングタイムなのだ。
工場のウイスキー
おすすめは、山崎の仕込み水で割った水割り、とのことだけど、私はウイスキーをロックでいただくほうが好きなので、山崎12年と白州10年をロックでいただき、チェイサーに仕込み水としてもらった。
ちょうどバレンタインの季節だったので、山崎12年を練りこんだというチョコもいただく。しあわせ~♪でもあんまり進まなかった。旅行の疲れが出てきたのか、なんだかちょっと飲んだだけでもう酔っ払い。

フラフラしながらも案内されたお土産コーナーへ。
ブレンド前の原酒が販売されているのは、ここだけなんだとか。しかも、そんなに高くない。
これは買っとくべきデショー。
と、原酒、そして樽で作ったチップでいぶした燻製二品、シンガポール航空で出されるマッカラン、バレンタインということで山崎を練りこんだチョコのセットをお土産に。
おみやげ

写真右は、アンケートを出したらもらえた、記念品のグラス。うれしい☆

閉館まであと30分、だけども100種のウイスキーも試さなくちゃ!とテイスティングカウンターへ移動。
そこまでも、ここ山崎でそろえる各種原酒がずらーっと、ずらーっと。さまざまな琥珀色が美しく鎮座ましましている。
原酒
ブレンダーさんは、毎日100種もテイスティングしているのだとか。100種の味と香りなんて、人間はかぎ分けられるんだろうか。すごい。

テイスティングカウンターでは、1グラス100円ちょっとでテイスティングできるとあって、見ると、かなり酔っ払っているひとも。
うーん、どんなのをリクエストしようかなー。
「普段は山崎・響を飲んでますが、ちょっと変わったのを飲んでみたいです。レモンぽい爽やかなのとか、スモーキーなのとか」と、普段のワインの好みと似たような要望を伝えてみると、いくつかオススメされて、選んだのはこちら。
テイスティング
左から、スモーキー系が、ボウモワとラフロイグ、爽やか系が、グレンフィディック。
おのおのの詳しい説明は、よろしければ楽天リンクを見てくださいネ。
  

テイスティング
このように、ラベルとちびっとのウイスキー、お水が用意されていて、お水おかわり自由。
酔っ払っても迷わないしくみがありがたい。

一番気に入ったのはラフロイグ!すっごく海の味がして、これは生牡蠣といっしょにいきたいねえ、じゅるじゅる、、、なんて話をしたら、ラフロイグの産地、イギリスのアイラというところでは、生牡蠣にかけて食べるんだとか。そういや村上春樹の小説でそんなシーンがあったような。。。
ウイスキーといったらどっちかといえば甘めでツーンとしてない?ってイメージの方は、ウイスキーに生牡蠣なんて、ウエーって思うかもしれないけど、いや、このラフロイグだったら絶対美味しい食べ方になると思います!!!牡蠣が、燻製の味に近くなると思います!!!

そんなんで大満足、予想以上に楽しめたサントリーの工場見学。
今ちょうど、工場見学キャンペーンを行っているとのことで、クイズに答えたらプレゼントもらえるチャンスなんですって。よければ下記リンクからどうぞ!

実施期間:2009年3月10日(火)~2009年5月31日(日)


私ももっかい行きたいナ・・・。
スポンサーサイト

2009/03/24 (Tue) 22:20
関西三泊四日の旅 3日目は神戸のパンを持って山崎へ

前回の続き。

神戸スイーツはすでに満足いくほど買い物したけど、神戸のパンはまだ。
ということで目をつけていたコムシノワで昼ごはん用のパンを調達することに。

目指すは、コムシノワオネストベーカリー(音出ますのでご注意を)
においはするんだけど、どこにあるかわからない、、、と近辺を何度も通り過ぎ、ちょっとわかりづらい地下にひっそりとあったパンやさんは、ファン及び地元の人々で相当のにぎわい。
大きい荷物を持った我々と同じ旅行客っぽい人、楽器を持った人など、わざわざここのパンが食べたくて来たんだろうなあと思われるファンが結構多かった。
コムシノワ

店内を入ると、いろとりどりのフルーツに彩られたデニッシュペストリーにまず目を奪われ、上質そうなバゲッドやドライフルーツの入ったパンに目を奪われ、おかずパン、サンドイッチにも心を奪われる。
どーれーにしよーうーーー
夫のぴちゃも結構コーフンしている。「いやあ神戸はパンの偏差値も高いですなあ!」

写真は残念ながらボケが多くておいしそうじゃなかったので、敬意を表してアニメーションにしてみた。動くと2倍増しでなんだかおいしそうに見えるでしょ。
コムシノワのパン

これらのパンは次に移動した山崎の美術館の休憩所でいただいた。
けど、ホントはこのパンやさん併設のカフェでコーヒーなんかと一緒に、できたて焼き立てをいただくのが一番と思います。そうじゃないと、もったいない、パンがかわいそうかも。
ちょっと後で食べたパンは、バターが冷え固まったときのむつごい重たさが感じられちゃって、ほんと、もったいないことをしたなー。

神戸、三ノ宮から山崎までは新快速を使うとあっというま。
途中、高槻で乗換えをするけど、その接続もスムーズに、1時間しないで到着した。

今日の大の目的は山崎のウイスキー工場見学。3時に予約済。
それまで2時間弱あるので、学芸員の友人もおすすめの、アサヒビール大山崎山荘美術館に行ってみることに。ちょうどいいことに、JR山崎駅を出たすぐのところに、「お体の不自由な人優先」の無料バスが出ていて、5分もしないうちにやってきてくれるという。歩く方が健康にいいけど、荷物も大きいし、、、と甘んじてバスを待ったら、ほどなく、10人乗りくらいのバンがやってきた。お体の不自由な方にやさしい、ステップつきの入り口に配慮を感じる。

美術館までは車で5分としない距離だけど、近年まれにみる急坂の中腹にあるので、たしかに歩きはちょっときつい。坂の急さ加減は、駅の階段と同じくらい。
バス停を降りると、山荘への出入り口が。
大山崎山荘美術館

昔懐かしのドラマ、「避暑地の猫」でこんなシーンなかったっけ?あるいは、赤川次郎の小説のドラマ化だとか、再放送率の低い2時間ドラマ系とか?私の潜在風景、脳内イメージって相当テレビに占領されている。もしかしてそれがそのうち記憶にもなってしまうかと思うと、超怖い。日ごろからなるべくいいものに触れなければ。

大山崎山荘美術館には、いい具合に山小屋風ロッジがあって、そこで先ほどのパンをむしゃむしゃ。自動販売機もあるので、至れり尽くせり。
館内は一切撮影禁止なので、写真その他はないんだけども、落ち着いた昔のお金持ちのおうちで、時を知らせる柱時計がオルゴールだったり、そのコツコツという音が木造の館の古い木々に静かにしみわたって脈打っているような、長いときの流れを感じる場所。ときどきあらぬところから人の気配を感じるような、だけども怖いのとはちょっと違うような。学校と似ているかな。

我々が訪れたときには、山口晃さんの企画展が開催中で、お客さんもなかなか多かった。
繊細なタッチの日本絵巻にマンガ要素というか、コミカルな要素を含んだ面白い企画展で、いろいろと作者の仕掛けを発見しながら楽しく鑑賞。

新館、と案内が示す方向にすすむと、なんとそこにはおとつい散々鑑賞した安藤忠雄建築が。もうすっかり安藤忠雄の味を知ったので、見ただけでわかるように。てゆうか、現代建築に安藤忠雄の影響の濃いこと。
ヘタにマネすると刑務所になっちゃうから、あんまり好ましくない傾向だとは思うんだけど。

こちらの美術館に併設のカフェは、テラスからの眺めも美しく、昔のお金持ち気分でコーヒーをゆっくりいただける素敵なところ。このたびは時間の関係でパトロールしておしまいだったので、次回はゆっくり楽しみたいな。

何せ今日のメインはウイスキー工場見学なので、90%美術館を堪能したところでこちらを後にした。

2009/03/21 (Sat) 21:03
関西三泊四日の旅 三日目は神戸に住んでいる気分で朝を

前回の続き。

【3日目のスケジュール概要】
・モントレ神戸で朝食ブッフェ
・にしむらの珈琲たんのう
・コム・シノワ・オネストベーカリーでパン物色
・山崎へ移動
・アサヒビール大山崎美術館 見学
・サントリー山崎 工場見学
・京都へ移動
・リーガロイヤルで宿泊


関西旅行三日目の朝は、モントレの朝食ブッフェから。
早めに会場に行ったら、すでに企業戦士たちの姿が。(当時平日だったので)
便利な立地だし、安いし、サラリーマンにも御用達のホテルなのね。
パソコン画面を眺めながら軽く打ち合わせしつつ朝食をとる彼らに、せわしいような、うらやましいような、そんな視線を送ってしまう自分、、
なにせ、私がかつて一番楽しかった仕事って、「出張」だ。
もっと出張したかったなー。。。
海外出張はついに経験できず、海外出張でマイルをためただの、プラチナ会員になっただの聞くと心底羨ましい。

いやいや、人のことより目先の朝食なのよ。と見渡すブッフェはパトロールした限りじゃ、20種軽く超えてる内容。玉子焼きを作ってくれたり、ベーコンエッグ作ってくれるシェフがいない以外はヒルトンと同等に感じたから、なかなかいいよね。うれしい。繰り返しになるけど、コースディナーの夕食、朝食ついてひとり8000円しないのだ。モントレお得!

昨日たっくさん食べたけど、ブッフェ形式ってついとりすぎてしまう、、、
でもなんとか野菜中心でこんな感じに。
ブッフェ

ブッフェからは、和定食も洋定食も作れるようなラインナップだったんだけど、野菜中心の洋で。クロワッサンのとなりにちょびっとある、牛スジの煮込みがめちゃおいしかった。牛スジのコクと、赤ワイン風味のフォンドボーが間違いない美味しさで、赤ワインとチーズと一緒にいただきたかったくらい。もしかしてこの牛スジは神戸牛なのか?なんて想像して食べると、なんだかもっと美味しい。
変わっていたのがお水の用意で、六甲のだとか、奈良のほうだとか、ご当地の水3種の中から選べるしくみが、なかなか面白い。
もちろん神戸といえばパン、クロワッサンもおいしい!
そしてご当地メニューでとっても嬉しかったのが・・・

明石焼

明石焼!
出汁に浮かべていただくので、ちょっとした汁物感覚でいただける。
おとつい、きむらやの明石焼食べ損ねちゃったから、これはとってもうれしい!
夫のぴちゃはおかわりいっぱいして、8つも食べていた。

さて、今日のメイン・イベントは山崎でサントリーのウイスキー工場に行くことなんだけど、午前中いっぱいは神戸人の気分で、神戸をのんびり過ごすことに。

昨年通り過ぎるだけで思いを遺した、にしむら珈琲店北野坂店へ。
にしむら珈琲店

ツタのからまる赤レンガの洋館は、かつては会員制のサロンだったものが、震災をきっかけに一般開放されたのだとか。ちょっと敷居が高い。おそるおそる、ガラス扉をあける。
すると、上品なメイド姿のウェイトレスさんが。
メイドっていうと、秋葉原あたりを思わず連想してしまいそうだけど、ここにしむらはホンキ度が全く違うメイドさん。まさに、上流階級の良家に仕えるプロフェッショナルのメイドさん。
なんだか圧倒されてしまうのだ。畢竟、こちらもおしとやかにかつ堂々とした振る舞いをしなくてはというプレッシャーを勝手に感じる。

にしむら珈琲店の2
素敵で落ち着くインテリア、上質なソファ、クラシック音楽、と、すべての要素がリラックスへと導かれ、たぶん脳波測ったらα波いっぱいでてそう。
我々が最初は唯一の客だったのが、10時をすぎると次々常連さんらしき、オヒョイさん+堺正章みたいな初老の紳士が、「おはようー」といつもの席に座る。そうすると、何も言ってないのにいつものメニューがセッティングされる。彼は会員制の時代からのお客さんなんだろうか。
なんだかいいなあ。

さて、我々が頼んだのは、オリジナルブレンドを、単品とケーキセットで。
オランジェケーキのセット
ぴちゃはオランジェケーキとのセット。彼曰く、「オレンジが違う」

こーひー
私はポーセリンペインティングされた素敵なカップになみなみ注がれたブレンド珈琲。
酸味があってまろやかで、上品。まあ、私の好みは苦いエスプレッソをアメリカンにしたような珈琲なので、系統は違ったんだけども、一口飲むごとにリラックスする、丁寧にいれられた珈琲で大満足。こんなお店が近所にあったらなあ。

我々は出窓の席を案内されたのだけど、格子窓からもれるやわらかい朝日といい、シックなインテリアといい、いつまでもいつまでもゆっくりしたかった。
珈琲を飲むぴちゃ

けど、もう気付いたら昼前。そろそろ腰をあげねばと、にしむら珈琲店を後にする。
こちらではランチやディナーもいただけるそう。次回はランチにお邪魔したいな(◕‿◕✿

2009/03/13 (Fri) 18:59
関西三泊四日の旅 二日目の夜はモントレ神戸のイタリアンディナー

前回の続き。

神戸のホスピタリティが大好きで、関西に行くときにはなにかと神戸に泊まる事が多いんだけど、いっつも泊まるのはモントレかホリディ・イン・エクスプレス。
どちらもリーズナブルで、居心地のいいホテルで、ちょくちょく泊まっている。
今回は、去年関西に行ったときに目をつけてた、ホリディ・インの神戸牛ディナーのパックにしたい、、、と思っていたのだけど、レストランが月曜休みとのことで、うまく日程が合わず、断念。
じゃあモントレにしましょうかね、夕・朝食つきでふたりで1万5千円ってかなり助かるし!とモントレのプランを選ぶことにした。

モントレのイタリアンレストラン、サン ミケーレはモントレとおんなじ、フィレンツェあたりを思い起こさせるクラシカルなイタリアのインテリアで、こじんまりと客席数は20ないくらい。
銀食器にまっしろの布ナプキン、ナプキンリングというだけで、「これからディナーだなあ」とわくわくしてしまう。

ワインを選ぶぴちゃ
ワインを選ぶぴちゃ。スッキリ系、コク系などとわかりやすく表記されていて、やっぱりリーズナブルでいい感じ。
画像ないけど、ソアーべのハーフボトルを選択。1000円しないくらいだったかな。

前菜。
前菜
たっぷりのコクのある生ハムと、温野菜、ブルスケッタのセット。ボリュームたっぷりで、ひとつひとつがパンチのある私好みの味わいで、美味しい!
こんなに最初から大判ぶるまいでいいのー??と思っていたら、次の皿。

パスタ。
パスタ
魚介のポモドーロ。ちょっとしょっぱいので、ソアーベがごくごくいけちゃう。
イタリアンっていきおいで食べる食べ物だなー。
このころにはもうすっかりいい気分で、ハーフボトルは空っぽに。

ワイン
で、赤ワインを追加。ぴちゃが選んでくれたもの。スパイシーで、とってもおいしい、しかもリーズナブルらしい。カミーロ モントリ モンテプルチァーノ ダブルッツォ 。

モンテプルチアーノ・ダブルッツォってエリアは、美味しいワインの生産地みたいね。この機会に覚えよー。

次はお魚。
お魚
モッツァレラチーズをはさんだ、白身魚のフライで、パン粉が細かいのが上品なひとしな。
ボリュームとコクがあって、赤ワインでもOK。
やーもう結構おなかいっぱいだよーといいつつ
最後にお肉、
お肉
牛ロースのタリアータ。ロゼ色の焼き加減はとってもお肉が柔らかくて、おいしい!を完食。

ふーぃ、今日歩いた分は軽く相殺して、余計たべちゃったなーなんて罪悪感にさいなまれてるのに、デザート登場。
デザート
このデザートが、また、絶品。
神戸ってお菓子偏差値高すぎるのだ。
タルト生地が何か違う、生クリームが違う、そしてそれぞれに芳醇な香りがあって、イキイキしている。
うーまーいーどーーーー!!!

最後に珈琲でしめて、まんぷくのおなかをかかえてぐっすりオネンネという、またもやしあわせないちにちのおわりとなった。

旅は明日から後半戦。あと2日分続きます。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。