プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/30 (Wed) 10:49
地震に備えておこう

私は地震が大キライ。
地震がおこると、心臓はドキドキするし、冷や汗がドバーと出るし、そのあとしばらく頭が痛くなるし、とにかくビビリすぎでいろいろな不具合がおこる。

28日の夕方、いわゆる疑似科学で地震雲と呼ばれる雲が空いっぱいに広がっていて、「なんかいやねー」とそういうときにチェックしている「地震雲掲示板」を見てみたら、あるわあるわ報告の数々。
報告の数をグラフにしたものを見ても、その日は飛びぬけて多い。

それと、このサイトの中で、スカパーのE202(電波がうまく受信できないエラー)について書いた記事があるのだが、ここ数日そのページへのアクセスがちょっと多すぎる感じ。
電波障害も地震の前触れと言われている。

さらには、ブラジルの預言者ジュセリーノさんが今度の8月6日に東京で大きな地震(震度6くらいのレベルらしいが)があるって予言しているらしい

そんなんで、にわかに緊張しているのだ。
これは、備えなくては。

地震の備えとしては
・安全の確保
・不幸にして避難生活になった場合の備え
・3日分の食料、水の確保

がざっくりとしたところらしい。
もっともっと詳細には、東京消防庁のサイトをどうぞ。
私は阪神大震災の時に大阪府箕面市にいて、震度6の経験者なのだが、このときはテレビがふっとび、本棚が倒れてしかも学生だったので、たくさんの辞書や専門書が頭に落ちてきて相当痛かった。
天井のライトも相当揺れたし、皿もたくさん割れた。
幸い、電気ガス水道は無事だったのだが、100メートル先の友人宅は断水になって大変だった。
その断水は復旧に2日かかった。
早朝、朝の5時45分ごろだったので、思いっきり寝ている時間だったのだが、
その時はたまたま酔っ払い帰りの服のまま寝ていて、すぐに行動を起こせる状態でよかったな、と後で思った。
私はひどい時にはハダカで寝ていたので、そんなんで大地震にあったら大変なのだ。
外に出られないし、もし救助されるハメになった時もかなり困る。

よって
1.安全の確保
・すぐに逃げられたり、行動をおこせるようにあまりにもだらしない格好で長時間過ごさない。
・ガスを消す
・窓、玄関ドアを開ける
・地震の時、ガラスのペンダントライトの周りにいるのを避ける。余裕がありそうだったら、ペンダントライトをスカーフでしばるなどしてひとまとめにしておく。
・裸足で過ごさない、もしくは裸足になる環境のそばにスリッパを置いておく

2.不幸にして避難生活になったときの備え
・ブルーシート、レジャーシートを確保しておく
・携帯は常に充電してある状態にする
・読みたい本を5冊くらいは確保しておく
・家族との連絡方法を確認しておく
・シーブリーズなどお風呂なしても快適に汗をぬぐえるグッズを確保しておく
・ろうそくを使いやすくしておく

3.3日分の食料、水の確保
・お風呂に水がある状態をキープしておく
・お風呂を含む、生活用水を一日3リットル×2人×3日=18リットル用意しておく
・飲料水を一日2リットル×2人×3日=12リットル用意しておく
・クッキーやシリアルなどを常備しておく

私なりに無理ない範囲で考えると、こんなところか。
それと、ウチはマンション13階である。エレベータ使えないとえらいことなのである。
体力もつけておかなくては、なのだ。

地震こないといいけどなあ。
(;´Д`)
スポンサーサイト

2008/07/29 (Tue) 10:21
シンガポール航空のテーマソング

1ヶ月ほど前からひっそりと右下のほうでリンクしている夫のブログ。
ぴちゃの航空旅行誌
マイルマニアと飛行機マニアの視点による旅行の話題を一生懸命書いてて、楽しそうである。
その時ばかりは、オーラが出ている。(普段は棺おけから首だけだして世間を覗いているよう)
そんな彼が最近はまっているのが、YouTubeで航空会社のさまざまなイメージビデオを発掘して、それをなんとか携帯の着信音にしたいということ。

-引用-

 ここ近日、過去の旅行の話題をほじくり出しては毎日ブログを書いていた。さて、今日はもう話題ないし・・・、無理矢理話題を作って短い話題を書くなら何だろうと思ってタイトルのマニア的な話題を。 旅行の予約やなんかの時に航空会社に電話をかけると、お待ち下さいってよく保留の音楽が流れるけど、みんな味があって面白い。自社のテーマソングを流す会社があると思ったら、今のCMキャンペーン曲が流れる会社もあるし、もちろ...
航空会社の電話の保留音



でもなかなかうまくいってないみたい。
しかしこのシンガポール航空のテーマソングって、誰かの確固たる曲なんじゃないか?
それを探せば早いんでないの?
とふと思い、調べてみることに。

こういうときは、「鼻歌検索

♪ファソファミー ファソファミー ラシドーレードーシーラー ファソファミー

と歌ってみたが、ダメ。
「Singapore Girl」という、SQのキャッチフレーズで検索。
そしたら、あっさり見つかった。

このSQのテーマソング、まんま"Singapore Girl"というタイトルで、
The King's Singers というイギリスのアーティストによるものだそうだ。
モー娘みたいにメンバーがいれかわる、イルディーボみたいなおじさん集団らしい。
(イメージ及びフィーリングでしゃべってますので、間違っていたらご勘弁を)

New DayNew Day
(1990/10/25)
Benny / Ulvaeus, Bjorn / Anderson, Stig Andersson、

商品詳細を見る


ここから視聴もできる。

イギリスでラジオドラマとかがあったら、そのバックや近辺で流れてそうな落ち着いた古い感じの曲たちだ。なんでSQのテーマソングになったんだろね。
今度乗ったら聞いてみようかな。( ´_ゝ`)ノ



タグ : 旅行

2008/07/28 (Mon) 09:42
After cource you can do it

花火大会のパーティのふりかえり。
今回はベトナム・アジア料理でしたが、気付いたら食べとしゃべりに夢中。
まあちょっとは花火を見えたからいいか。

しかし隅田川の花火が楽しめるのも、今年最後かもしれない。
花火の手前に、建設途中のマンションが見えているのだ。

まずは全体のカンジから。
全体図

焼肉をホットプレートで出そうと思っていたのだけど、あまりにもあまりにも暑いので、全て調理済みにして出すことにした。
どんなにがんばって準備したかは、前回の記事をご参照くださいマセ。

今回は20代ギリギリ前半の若者(男)がいたので、肉が超売れた。
いやー、若いっていいね!
焼肉
韓国風焼肉のタレとオイスターソース、粉唐辛子をミックスしたつけダレに一晩漬け込んだ豚バラ肉の焼肉と、チョリソーを焼いたもの。
シンプルな料理だけど、とってもおいしい。
サンチュに巻いて、ぐいぐい食欲が進む。
辛くしたくて、粉唐辛子を小さじ2杯ほど入れたのだけど、辛味はマイルドだった。
もっとピリッと感を出したかったら、唐辛子を倍入れるだな。

次に人気だったのも、肉。ローストビーフ。
ローストビーフ
今回はちょっといい国産の牛肉を、近所に最近できたクイーンズ伊勢丹で買い求めた。
生でもたべられるやつ。
いい肉をローストビーフにすると、味がわかっていいねえ。
プレゼンテーションはいとこ。なかなかセンスが良くて、そういう人が盛り付けてくれると助かる。
新玉ねぎを水にさらしたものとともに。

次に、オードブル群。
オードブル
トマトにアボガドのムースとカニカマ刻んだのを入れたものは、大好評。
これ、いつどんなパーティで出してもいいから、定番になりそう。

生春巻きも、初挑戦だったけど大好評。
えびのかわりに、アボガドとマグロをわさびしょうゆマヨネーズで合えたものを使ったが、こっちの方が食べ応えもあっておいしいかも。
ただ、生春巻きは乾かないうちに食べなくてはいけない。
作るのも、乾かないようにしなくちゃで、ちょっと注意が必要。
ちくわにきゅうりを入れたものや、きゅうりにサラミを入れたものも、ダラダラいくのに最適だった。

次にサテーかな。
サテー
もうちょっと照りとかパリっと感があればよかったんだけど、焼き鳥って案外焼き加減が難しい。
毎回同じ様には作れないのだ。

その次に「普通においしい」レベルかしら、と思われたのが、えびチャーハン。
えびチャーハン

最後、人気イマイチだったのが、にんじんサラダ。
にんじんサラダ
私は好きな味ですが、若者は肉の方がダンゼンテンションあがる。

焼肉って、料理じゃないような気がして、あんましパーティで出さなかったんだけど、
(焼肉パーティの時はベツ)
ワインにも合いそうだし、調理ラクだし、なんといっても喜ばれるし、なんかいいかも。

おなかが満タンになって苦しかったのダー。

タグ : パーティ料理

2008/07/25 (Fri) 12:24
course you can do it

花火シーズンの到来である。
まず最初にして最大に楽しみな、隅田川の花火。今度の土曜日にバチンバチンあがる。
我が家からは10円玉~5円玉くらいで見えるので、冷房の効いた部屋で、TV中継と共に楽しめる。
てゆーか、TVメインでたまにリアル、て塩梅になっている。
が、TVで映っているものを同時に自分中継で見ていく楽しさはナカナカのものだ。
そこで、ゲストを招いてちょっとしたパーティをするのだ。

今回のテーマはベトナム・アジア料理。まだベトナム熱が続いているので。
ゲストは皆年下で、食べ盛りの大学院生もいるので、肉も用意しなくっちゃである。
花火の前に大物を食べて、花火を2時間くらい見ながらダラダラ食べていく料理を考える。

【料理】
・生春巻き
・青いパパイヤのサラダ風にんじんサラダ
・えびチャーハン
・韓国風唐辛子漬焼肉、チョリソーソーセージをホットプレートで焼いて
肴:
・アボガドのゼリー、トマトに入れて
・ちくわのきゅうり詰め
・きゅうりのサラミソーセージ詰め
・シンガポール風サテー
・ローストビーフのわさびマヨネーズ添え
デザート:
バナナのフリット、バニラアイス添え、コアントローorベイリーズをかけて

【飲み物】
オリジナルカクテル:
ハナビ・ディライト(カンパリのパイナップルジュース割り)
ハナビ・ノンベエ(ラムのジンジャーエール割り)
ハナビ・ブリーズ(グレープフルーツジュースとレモンソーダにコアントロー少々)

【買い物】
ライスペーパー、はるさめ、ひき肉、ピーナッツバター、えび、ニラ、しそ、パクチー、レタス、しょうが、にんにく、ライム、青いパパイヤ(あれば)、にんじん、オレンジ、ミント、ナッツ、赤玉ねぎ、シーチキン、小松菜、おおきい海老、豚肉(三枚肉か肩かバラ、脂肪の層がくっついているヤツ)、焼肉のタレ、サンチュ、アボガド、カニカマ、フルーツトマト、ちくわ、きゅうり、細いサラミソーセージ、鳥モモ肉、ローストビーフ用牛肉、わさび、バナナ、ココナッツミルク、バニラアイス、パイナップルジュース、ジンジャーエール、グレープフルーツジュース、レモンソーダ

【前日の準備】
・御飯を炊いておく
・氷をたくさんつくっておく

・ローストビーフの下ごしらえを行う
お肉に塩こしょう、オールスパイスをまぶしておく。
しょうゆ、ケチャップ、酢それぞれ大さじ2杯をジップロックに入れて混ぜ、お肉を漬け込んで冷蔵庫でオネンネ。

・韓国風焼肉の下ごしらえを行う
焼肉のタレにオイスターソース、豆板h醤、粉末唐辛子をお好みでいれ、ごま油を少々たらしたつけダレにお肉をいれ、冷蔵庫でオネンネ。

●シンガポール風サテーの下ごしらえを行う
1.鳥肉は食べよい大きさにきって串にさし、塩と味の素をまぶしておく。
2.みりん大さじ2、しょうゆ大さじ1、ヨーグルト大さじ1、クミン小さじ2、ターメリック小さじ1、シナモン少々、おろしにんにくとおろししょうが各大さじ1、パイナップルジュース大さじ2、サラダオイル大さじ1をあわせて調味液を作り、鳥肉をつけこむ。
3.にんにく2かけとしょうが1かけをみじん切りにしておく。
4.にんにく、しょうが、牛豚ひき肉を炒めてそぼろ状にする。
5.ひき肉にみりん大さじ1、しょうゆ小さじ1、パイナップルジュース大さじ1、みそ大さじ1、ゴマドレッシング大さじ2、ピーナッツバター大さじ2、ナッツの刻んだもの、クミン少々、カレーパウダー(あれば)少々を加えて、煮立たせる。水分が3/4くらいになったら、コースターチを溶かしたものを少々入れてお好みのとろみをつける。味を見て、必要であればしょうゆや塩で整える。辛ければパイナップルジュースを加える。
6.肉そぼろソースの粗熱が取れたら、冷蔵庫で保管。

●アボガドのゼリーを作る
1.フルーツトマトは中身をくりぬいておき、底を平らにカットする。
2.アボカドは細かくきざんでからレモン汁をかけ、マッシャーでペースト状にする
3.カニカマはほぐして細かく刻み、飾りに少々残してアボガドに混ぜる
4.ふやかしたゼラチンをアボカドにまぜておく。塩で味をととのえる
5.フルーツトマトにアボカドのムースをいれ、カニカマを少しをのせる。
6.冷蔵庫で冷やし固めてできあがり。

●ちくわのきゅうり詰めを作る
1.ちくわと同じ長さできゅうりをカットしそれを縦4等分する。
2.ちくわの穴にきゅうりを入れ、乾燥しないようにラップで包んでオネンネ。

●きゅうりのサラミソーセージ詰め
1.サラミソーセージの長さにきゅうりをカットする。
2.きゅうりに菜ばしなどで穴を開け、そこにサラミを入れる。
3.乾燥しないようにラップで包んでオネンネ。

【当日3時間前の準備】
●ローストビーフをしあげる
1.オリーブ油をしいたフライパンでお肉の表面を焼いてこげめをつける
2.ツケダレをいれた平たいお皿にお肉を入れ、500wで2分チン、ひっくりかえしてさらに2分チンする。
3.アルミホイルにお肉を入れて、余熱で火を通す。

●青いパパイヤのサラダ風にんじんサラダを作る
1.青いパパイヤ(あれば)、にんじん、赤玉ねぎは薄くスライスして水にさらす。30分くらい
2.にんにくをみじん切りにし、唐辛子の輪切り少々、砂糖、オレンジ、オレンジの汁、シーチキン、ニョクマム、レモン汁を混ぜて味を見る。コクが足りなければ味の素を追加。
3.ナッツをみじん切り、ミントをみじん切りしておく。
4.水切りした野菜とミントをあわせて冷蔵庫で保管。ナッツとソースを合わせて冷蔵庫で保管。
5.食べる直前にすべてをあわせて、ライムを搾ってしあげる

【当日2時間前の準備】
・海老の背ワタをとる(生春巻きとチャーハン用)

●生春巻きを準備する
1.えびをゆでて、半分に切る。春雨をゆでて、ごま油とニョクマムをまぶしておく。
2.レタスを千切りにする。ニラは15センチくらいの長めに切る。
3.ライスペーパーをしとらせる。
4.ライスペーパーに手前に春雨、レタス、肉そぼろソース(サテーのツケダレに作ったもの)をのせ、三センチあけて奥側に海老、しそをのせる。
5.左右をたたみ、ニラを真ん中にのせる。たたんだ端からニラが顔を出すように。
6.春雨側からコロコロころがしてきつく巻いていく。海老の模様が見えるほうを表にする。
7.皿に盛り付け、固く絞ったキッチンペーパーをのせてラップをし、冷蔵庫で出番まち。
8.ニョクマムと砂糖少々、ライム、ごま油をあわせたソースを添える。
(今回は海老キライのゲストがいたため、海老→まぐろ、アボガドにしてシノグ)

●海老チャーハンを作る
1.にんにくとしょうがをみじん切りにする
2.小松菜をザク切りにする
3.ごま油を熱し、にんにく、しょうが、えびを入れて炒める。海老の色が変わったら小松菜をいれ、溶き卵を入れてパラパラにする。味の素、ニョクマムで味付けをする。
4.御飯をいれ、味を見て塩コショウする。
5.食べる直前に再度炒め、ごま油とパクチーのザク切りを加えてできあがり。

【当日1時間前の準備】
●バナナのフリットの準備をする
1.小麦粉1/2カップ、ベーキングパウダー小さじ1、砂糖大さじ1をココナッツミルクとウオッカでゆるいペースト状にする
2.バナナを一口大に切り、タネに入れる。

・テーブル、ホットプレートの準備をする
・お皿、カトラリーの準備をする
・飲み物の準備をする
・ホットプレート脇に、お肉とサンチュをセットしておく

●オードブル(ゼリー、ちくわ、きゅうり、ローストビーフ)を切って盛り付ける

●サテーを仕上げる
1.きゅうり、赤玉ねぎを一口大にきって水にさらす
2.鳥肉をフライパンでしっかり焼く
3.そぼろのソース、きゅうり、玉ねぎを添えてできあがり

●チャーハンをしあげる
上記工程5を実施

●サラダをしあげる
上記工程5を実施

【花火が終っておなかが大丈夫だったら】
バナナのフリットをあげ、アイスを添えて出す。

花火も楽しまなくちゃなのだ。

2008/07/18 (Fri) 10:44
妄想:私の見たい大相撲オールスター戦

大相撲シーズンはおやつ時からテレビ三昧になってしまう。
でも長い。最初っから見てると、3時から6時まで、3時間も見ているハメになってしまう。

アイロンがけや、床掃除をしながら見てる分にはいいんだけど、何も家事がないとき、気持ちが良くてついつい寝てしまう。集中力が持たないのだ。

もちろんどの取組も大事だし、ひとつひとつの取り組みに魂を集中させているお相撲さんには、ヒッジョウに申し訳ないのだけど、
でも、必ず見たい取組と、そうでもないものの差は、どうしてもアル。
お相撲さんのスター性か?単に好みの問題なのか???

今回は大相撲をもっと濃く短く楽しみたいという願望から、私の中で勝手にお相撲オールスター戦を妄想してみることにした。
この妄想だと、時間にして30分ちょいくらいでコト足りるはず。
そして、ウニもいくらもテンコモリの海鮮丼みたいな豪華さになるはず。

幕下オールスター
大勇武 対 阿夢露
    柴田山部屋希望の星(十両復帰ガンバレ!)と名前もすごいテクニシャン・アムールの男前対決。
隆の山 対 山本山
    筋肉隆々だけどアバラのういてる隆の山に、おっきいおっきい山本山はかわいそうな気もするけど、大相撲の勝敗は体だけではないところを見せて欲しい。山本山もでっかい相撲を見せて欲しい。

十両オールスター
北桜 対 土佐豊
    私のNo.1北桜関に気合の土佐豊関。必ず一生懸命の真剣勝負が見られるはず。

十両 幕内 オプション戦
北桜 対 高見盛
    気合入れ合戦。どっちも一生懸命。ステキ。

幕内 オールスター
将司  対 栃ノ心
    勢いのある若手どうし。どっちもガンバレ!

旭天鵬 対 把瑠都
    ジェントルマン対決。強くて優しいってステキ。

高見盛 対 若ノ鵬
    若ノ鵬に気合の相撲を教えてやってください。はたきに負けるな!

稀勢の里 対 琴奨菊
    まじめなお二人。会社で同僚にしたいお二人。どっちもがんばれ!ガブちゃんには後でも登場してもらう。

安馬 対 琴光喜
    シブーイ安馬とナイスガイ琴光喜。技にも目が離せない!

魁皇 対 琴欧洲
    魁皇の闘魂を琴欧洲に注入してやってください。

朝青龍 対 琴奨菊
    ガブちゃん、がぶってがぶって朝青龍をギャフンといわしてやってください。朝青龍はダメ押ししないで横綱の意地を見せて!


勝負審判(男前ぞろえ)
立浪親方(旭豊)
九重親方(千代の富士)
貴乃花親方(わかるよね)
錣山(寺尾
モノ言いで4人が集まったらスゲイ。

実況:藤井アナウンサー
解説:北の富士&舞の海
向正面:大八木淳史
今まで視聴した中で最高のギャラリー☆

そうして、砂かぶり席の花道脇には銀座のきれいなママを配置。
神田川俊郎さんもさりげなく配置。

そんな妄想をしながらきっと今日もうたたねしつつお相撲を見てしまうことだろう。。。
琴欧洲元気になあれ!

2008/07/17 (Thu) 12:27
洗濯機周りの収納をスッキリさせるには? やっと計画実行

以前、もう今年のはじめのことになるけど、
洗濯機周りの収納をスッキリさせるには?というタイトルで洗濯機周りをスッキリさせよう計画をたてた。それからもう半年。。。
やっと計画を実行に移しましたよ!!!(;´д`)ゞ

計画はコレ。洗濯機周りの収納の計画
洗濯機周りの収納


計画では、FAKTUM ウォールキャビネットを使う予定だったけど、もっと安いVÄTTERNにした。
VÄTTERN フェメンミラーガラス、40×39×67センチ、6800円ナリ。
それと、引き出せるカゴ4つ棚板2枚を購入。
700円×4と、1100円で、材料費の合計は17500円になった。
安ーいけど、IKEAの場合はこの重たい材料を自分で運ぶか、高い配送料かけて配送手配しなくちゃなので、実際には2割~3割増しくらいで予算を考えといたほうがいいデス。

ちょっと話はそれるんだけど、今回IKEAで超ザンネンなことが起った。
なんと、材料の棚板に全く別の商品のものがまじっていて、交換しなくてはならないハメになっちゃったのだ。最近店頭で壊れた商品が陳列されているのを見たり、不良品ギリギリのものを買っちゃったりってことがあったので、IKEAって安かろう、悪かろうなのかなぁ、、、なんて疑問が生じてきつつあったのだが、それが決定的になっちゃった。
しかもその交換てのが、配送でなんとかなる場合もあるけど、基本的には自分で商品を持ち込んで、交換してもらわねばならないのだ。IKEA側の瑕疵であっても。
そして、持って帰るときに例えば配送料をサービスしますとか、臨機応変な対応ができないのだ。もちろん、往復の交通費なんかも出ない。IKEAのギフトカードのひとつでもプレゼントしてくれたらいいのにねえ。って思うのはガメツイだろうか。

例えば日本のお菓子メーカーだったら、100円ちょっとの製品でもしっかりメーカー着払いでしっかり交換してくれるし、すっごくすっごくメーカーとして恥ずかしいことをした、申し訳ない、って感じで対応してくれるけど、今回のIKEAにはあまりそれが感じられなかった。
カスタマーサービスの対応は、間違った料理を持ってきたチェーンの居酒屋の店員との同等に感じてしまった。一流のお店の対応って、こっちが恐縮してしまうくらいの対応だし、クレームが逆に満足だったり好感度UPになったりするんだけど、IKEAにはそれがなかった。
安いところにモラルとか良心とか、上質なサービスは期待できないけど、、、IKEAは安くても世界の一流企業のひとつと思ってたけど、どうも、それは買いかぶりだったみたいなのだ。ザンネン。

んで、こういうことってよくあるんですか、防ぐにはどうしたらいいんですか、って、言ってもしょうがないかなあなんて思いながらIKEAの人に聞いてみると、
「よくあるとは言わないが、全くないとは言えない、1回こういう経験をしたお客様は、持って帰る前に梱包を開いて部品を確認していく人もいる。」と教えてもらった。
そうだね。IKEAはDIYの精神。物事を前向きにするのは、アナタ次第。
それが徹底されているのだ。そういう企業精神で、わりにいいものを安く提供しているのだ。

だから・・・私はこんなザンネンなことがあって、きっとまたIKEAに行ってしまうと思う。
んで、商品が万全のものかどうか、しっかり確認してから配送作業をしちゃうと思う。
IKEAがすいてるときにしか行けないけどね。
なぜなら、私はDIYが好きで、予算がそんなにないから。IKEAのデザインも好きだから。
でも今回のことで、自分のお客様やお友達には、安心しておすすめできなくなってしまった。

「IKEA 返品」などの検索ワードでこのページにいらっしゃった方に少し役に立つかもしれない情報として書きますが、
ホームページの説明では、パッケージすべてを持ってきて、とあるが、電話で問い合わせると交換したい部品だけ持ち込み、交換も可のようです。
私は間違っていた棚板を包んであったダンボールに梱包し、組立説明書を持っていって、この部品が違うと説明したところ、スムーズにコトが運びました。あ、もちろん購入時のレシートは必須です。


さてさて、今回は相当ショックだったのでグチが多くなってしまいましたが、本題へ。
今までの文章で不愉快になったかた、ごめんなさい。

まずは問題の箇所の現在。
ビフォア
エントロピーが増大しまくりである。
布モノがだらしなく積まれ、洗濯機の上にも寝巻きやもういちど着る予定の服たち。
嗚呼。
つっぱりポールが斜めにナッテル(気がつかなかった)

これをぜーんぶ取り外す。
全てを取り払う
スッキリ。でもちょっと暗いね。
洗濯機上の空間が、「ここにモノを入れておくれー、有効活用しておくれー」と主張しているみたいだ。

VÄTTERNを説明書どおりに組み立てる。そんなに難しくなくって、慣れたら30分しないで作っちゃえるくらい。
これの取り付け位置を決めていく。
取付位置を決める
重たいものを持ち上げつつ水平をとるなんてムリ。
私がよくやる方法は、写真のように、だいたい取付位置にあった台を探してきて、その上にのせる。新聞紙で水平を微調整。この方法で、いっつも一人で作業をしているのだ。

収納アクセサリー(引き出しカゴや、棚板)は、つけておくと重たくて大変なんだけど、レールだとか、棚ダボだとかはあらかじめ作業しやすいところでつけておいたほうがいいデス。
ドアの金具とかもネ。ドアの金具が邪魔になって、収納アクセサリー入んなかったりするので。

位置を決めたら、取付金具をつける。
カベロックを取り付ける
この作業は、苦しくない体勢で、慎重に。
慎重にしたつもりでも部品を落として、私は洗濯機裏と大格闘するハメに。

石膏ボードなので、石膏ボード用の金具。私はカベロックが好みでよく使ってます。
耐引き抜き過重は20キロ程度なのですが、それ4つで80キロ、、、とは考えないで、その1/3程度なら大丈夫かなあ、って感じで計算してマス。
つまり、今回は20キロ程度の重みまでは耐えるであろう、という考え方。


ホームセンターで売っています。「石膏ボード用のアンカー」って聞けば、店員さんはわかってくれマス。

そうしていよいよ取付。枠をとりつけたら、収納アクセサリーも取付。
このころが一番期待度大、DIYの醍醐味を味わう、ワクワクするタイミングだ。
収納アクセサリーもセット
おーぅピッタリじゃないのぅ。

ミラードアを取付。かなり重たいけど、がんばる。
ミラードア取付完了

これだけでも洗面所の明かりが倍になって明るく、広くなったのだが、、、
アイロンかけにはちょっと厳しい。
さらに、照明、そして既存のつっぱり棚もセット。
スポットライトをつけたところ

ワーイ!ブリンブリンにあっかるーい!!!
たまたま金属製のつっぱり棚だったので、熱いアイロンおいても大丈夫そう。
スポットライトをあびたアイロンが、恐縮している。

予定では、アイロンの後ろの壁にさらに鏡を貼ってタイルで飾るつもりだったが、まあいっかーとしばらく様子をみることにした。

掃除をして、どんどん収納。
収納タップリ

左上から、ゲスト用バスローブと寝巻き、その下が洗剤などと入浴剤、
右上が替えのバスタオル、その下が替えの普通タオル、その下が夫の下着、続いて私の下着(自主規制で詰めてない)、一番下のスキマに日常の寝巻き。
キャビネットの上には、何かのタイミングでもらってしまう入浴剤岐阜とセットだとか、タオルセット、アイロン台を収納。

つっぱりポールもセットして、アイロンがけを待つ服を元に戻した日常の感じはこう。
ビフォア・アフターを並べてみた。(嬉しがり)
ビフォア 日常はこんな感じ

ゲストが来たときは、こう。
スポットライトをつけたところ

アイロンのかわりに花とかアロマの壺でもいいね。
洗濯機にはテーブルクロスかけちゃったりして。

うーん、やっぱりこの達成感、やめられない。
こんな感じのイメージのものを、例えば松下電工で頼むと、どんなに安くてもおそらく3倍くらいはしちゃう。ま、モノとか保証とか、違うところは多々あるけど、この達成感、完成度、楽しさを提供してくれるのはIKEAなのだ。

2008/07/14 (Mon) 10:52
桐野夏生さん、東京島の着想となったア○○ハン島って?

週末に、週刊ブックレビューを見るのは結構楽しい。
ゲスト3人が3冊おすすめ本を紹介し、そのうちのそれぞれ1冊はゲストと司会の二人(中江有里さんと、週変わりで誰か)みんなで読んでレビューしていく、という番組だ。

ゲストの中では、「こいつ読んでこなかったなー」とか、「あとがきしか読んでねーなー」と思う人も結構いてて、口で生きてる人の会議風景、のようなものを見るのもなかなか面白い。
(だって3冊も、しかも趣味じゃない本も含めて読むなんてとっても大変だもんねえ、いつもきちっと読んでるっぽい中江さんは驚異的なのだ)
もちろん、しっかりと読んでいる人の自分なりの解釈を味わえるのもすごく面白い。
本から生まれる連想が、自分の世界の範囲外のことだったりするので、すごくわくわくする。

ともあれ、こないだもボーとそれを見ていたのだが、こないだ桐野夏生さんが自らの最新作「東京島」についてインタビューを受けていて、すごく興味をそそられた。
東京島東京島
(2008/05)
桐野 夏生

商品詳細を見る


「東京島」は図書館でも予約が軽く200件を超えている今かなり人気の本らしいのだが、内容はまあリンク先でも見てくだされ。
無人島に、女ひとりと男31人がいたとき、どうなるかー。という話だそうで。

インタビューで、桐野さんがこの話を書くきっかけになってこととして、
「もともと無人島もの(ロビンソンクルーソー、十五少年漂流記、蠅の王)が好きで、、、ア○○ハン島の話に着想を得まして、、、山田風太郎先生も書いておられましたし。」
なんてことをサラサラおっしゃってたのだが、ついていけなくって、今回調べてみることにしたのだ。

疑問1:ア○○ハン島って何?どんな事件があったの?
疑問2:山田風太郎さんの書いたこの島をもとにした本てどんなタイトル?
疑問3:蠅の王ってどんな話?

疑問1:ア○○ハン島について
これは「アナタハン島」だった。
女一人に男たくさんでどんなことがおこってしまったのか、その詳細はこちらに詳しい。
しかし女一人だと本当に奪い合いになるんだろうか?
はっきり言って、この女の人、そんなにきれいじゃない。。。体型も、さほどでも。。。?
サバイバルしなくちゃな状況だと、男の人は「子孫を残さねば」って本能が勝手に動き出して、余計に性欲が増しちゃったりするんだろうか?
「東京島」でそのへんがぐっと納得いくように描かれているのかな?楽しみである。

疑問2:山田風太郎さんの作品について
山田風太郎さんの作品は「魔界転生」と「くのいち忍法帖」を読んだけど、まあエログロで青年マンガで面白い。
でもたくさん読むには、私には濃すぎた。なんかこう、血の匂いのきつい本たちなのだ。
読みすぎると、飲んでる水まで血の生臭さが漂ってくる感じがしてしまうので、ちょっと距離を置いた方がいい、と私のアンテナが警告してくる。
女一人に男たくさんでエログロサバイバルなんて、山田風太郎さんがいかにも好みそうな設定だが、、、どんなタイトルの本を書かれたのか?
これは「黒衣の聖母」のなかの「魔島」なんだそう。
黒衣の聖母―山田風太郎奇想コレクション (ハルキ文庫)黒衣の聖母―山田風太郎奇想コレクション (ハルキ文庫)
(1997/08)
山田 風太郎

商品詳細を見る


疑問3:蠅の王
蝿の王 (新潮文庫)蝿の王 (新潮文庫)
(1975/03)
ウィリアム・ゴールディング平井 正穂

商品詳細を見る


・・・これも相当グロテスクなお話らしい。食欲がうせそうでダイエットにいいかな。

最近「クォ・バディス」を読んで、ローマ人のキリスト教徒虐殺を知って暗澹たる気持ちになったが、
これらのサバイバルについてかかれた本も、
クォ・バディスで感じた「人間の本能=残酷」だとか、「精神の勝利≠現世での肉体的、金銭的勝利」なんてことをじくじく考えるきっかけになりそうだ。

2008/07/08 (Tue) 09:41
アダム・ゴールドバーグさんの出演作品を見たい

昨日、WOWOWで「デジャブ」という映画をやっててボーと見てたのだが、これがとっても面白かった。大好きな時空モノだったし、スタッフも好みの映画やドラマを作る人ばかり。

デジャヴデジャヴ
(2007/08/03)
デンゼル・ワシントン. ポーラ・パットン. ヴァル・キルマー. ジム・カヴィーゼル. アダム・ゴールドバーグ

商品詳細を見る


「コールド・ケース」のジェリー・ブラッカイマー、
「エネミー・オブ・アメリカ」のトニー・スコット、
主演デンゼル・ワシントン。

いかにもハリウッドの、お決まりの流れ(ヒーローとヒロインが最終的に恋仲になっていったり、悪役の背景が月並みだったり、ヒーローの親友が死んでしまったり)はあるんだけども、なかなかどうして、ヒロインは夢のように美しいし、時空を超える切なさ、もどかしさがかみしめられるじゃないかっという感想を持った。

そういえば「12モンキーズ」のヒロインのラストシーンも夢のようにきれいだったなぁ。
12モンキーズ12モンキーズ
(2008/06/27)
ブルース・ウィリス

商品詳細を見る


その中でも特に面白かったのが、科学者がワイワイガヤガヤしているシーン。
難しい言葉を使って自分だけ納得したりしているところが楽しい。
そして、その中で超個性的で変人ぶりを発揮していたのが、今回調べることにした
アダム・ゴールドバーグ」さんだ。

この人をお初に目にしたのは海外ドラマの「フレンズ」のスピンオフ「ジョーイ」で、天才数学者だけど超ガサツで切れやすい、という役柄。
次に見たのが「プライベート・ライアン」。アパムーと叫んでいた人だ。

たぶん、女性のうちの半分くらいはダメーって言うかもしれないルックスなんだけど、こういうマニアックな人って私は大好きである。

この人の出演作をもっと見てみたいな。と思って調べてみることに。
まだ出演作は少ない方だけど、結構大きな映画にでていらっしゃるようだ

パリ、恋人たちの2日間

ゾディアック
ゾディアック 特別版ゾディアック 特別版
(2007/11/02)
ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.アンソニー・エドワーズ

商品詳細を見る


あたりを見てみたいな。また楽しみが増えた(´∀`*)


2008/07/07 (Mon) 12:01
不思議なおじさんたち

思いっきり千葉県南部のお話をするので、うまく言いたいことが伝わらないかもしれません。

私の地元は千葉県の君津市で、高校生までのテリトリーは君津~津田沼あたりまでである。
よって、JR内房線をよく使う。

先日君津に帰ったおりに、内房線の五井駅を通過していたところ、
夫から
「そういえば五井あたりにピンクのおじさんているんだよねぇ」
と言われてびっくりした。

「ピンクのおじさん」は、春夏秋冬を問わずピンク色のTシャツを着ているおじさんで、特に危害が加わるとか、そういう問題はないんだけど、とにかくしょっちゅう内房線に乗り、車両をずっと移動しており、そしていつもピンクのTシャツを着ていることで、皆に認知されている存在だ。
たまに、やんちゃな子がピンクのおじさんをからかって、おじさんが怒っていたんだよ(あたりまえだ)、オレ見ちゃった、なんてウワサを聞く、存在だった。ちょっとした都市伝説みたいなもんだ。
小学生あたり、20年前には既に目撃していたのに、夫は3年ほど前に目撃したという。
まだ健在なのだ。なんだか安心した。

ネットで調べたが、彼の正体や、なぜ内房線をかなり利用しているのか、そのナゾについてつまびらかにしているページはないようだ。残念。

他にも印象的な不思議なおじさんを続けざまに思い出していく。

千倉、白浜の海のスイカおじさん。
このおじさんは、ビーチボールのかわりにスイカを浮きがわりにして泳いでいる。
スイカって結構浮くのだ。
彼の目的は、冷やす為なのか、適度な塩分を与えるためなのか、それとも話題性か。
私たちの楽しみは、いかにスイカのおじさんの近くまで寄れるかどうかを競う、というものであった。
最短距離は1mほど。でもなんだかぬるい水が足元にあたって、あわてて逃げ出したのを思い出す。

タケのおっさん。
君津には竹林がわりあいある。小学生の時、竹林に向かって石を投げ、石が反射するのが何回続くかどうかを競う遊びがはやったことがあった。
しかし、この遊びの醍醐味は、しばらく続けているとそこの所有者と思われる「タケのおっさん」が怒りとともに飛び出してくるのを逃げることである。
「こないだタケのおっさん鍬持って追っかけてきたぜ~、こえかった~」なんて伝説が残っていく。

彼らのエキセントリックさに乗じていろんな遊びをしていたが、
今思えばずいぶん失礼なことをしてしまったものだ。
この場を借りてお詫び申し上げます。

2008/07/04 (Fri) 11:28
ハマメリスを植えてみたい

最近のちょっとしたブームが毛穴ケアである。

私のTゾーン油田はかつては隆盛をきわめ、油とり紙はすみからすみまで使っても2枚目までは全部透明になっちゃって3枚目でやっと捕りきるくらいの、大産油国であった。
しかしながら、年とともに枯れ果て、ついにはオナヤミ解消かと思っていたのだ。
ところが最近何やら元気になってきたのか、油田が再生産を始めたのである。
原油高のご時世に明るいニュース・・・とならないのが悔しいところではある。

大産油国時代に重宝していたウイッチヘーゼルをマツキヨで買ってきて、

アブラが気になるとき、一日に3回くらいふきとって爽快感を感じるのが今日この頃のちょっとした幸せである。
このウイッチヘーゼル、においがちょっとキツく好みが激しく分かれると思うんだけど、私にとってはポートワインのにおいに似ているのだ。
爽快になりつつ、食後のポートワインの至福のときもリフレインされて、サイコーだ。

このウイッチヘーゼル、インディアンの薬草だ、というキャッチコピーに惹かれて買ったのがコトのはじまりだったのだが、このハーブそのものを育ててみたいな。
そう思って調べてみることにした。
ハメマリスという名前で有名なこのハーブ、効能はこちらに詳しい。

アメリカマンサクという別名もあるようだ。

ウイッチヘーゼル、ハマメリス、アメリカマンサクで楽天を検索してみたが、ヒットせず。
トキワマンサクというのはあったんだけど。

むー。残念。

ハマメリスの最も気持ちいい作用は毛穴を引き締める「収れん作用」だが、
この作用を持つハーブは?と方向を変えて探してみると、これが結構アル。

ハーブ☆ハーブの種類と効能

こういうありがたい薬草に詳しくなって、サバイバルできる能力がないと人間おしまいだ、という危機感をなぜか幼いころから持っている。ので、これをきっかけに少しずつ覚えていきたい。
目指せ!マクガイバー!(今回もちょっとたとえが違うカナ)

冒険野郎マクガイバー シーズン1〈日本語完全版〉冒険野郎マクガイバー シーズン1〈日本語完全版〉
(2005/11/25)
リチャード・ディーン・アンダーソン

商品詳細を見る

2008/07/03 (Thu) 11:00
味の素の適切な摂取量を調べておこう

ベトナム旅行以来、その味が懐かしくてしょうがなくて、しょっちゅうベトナム風の料理を作っている。
秘訣は味の素とニョクマム(=ナンプラー、しょっつる)

例えば・・・
■ベトナム風玉子焼き
卵に味の素、ニョクマムを入れて割りほぐし、ごま油、唐辛子少々を入れたフライパンで玉子焼きを作る。ウマイ。

■ベトナム風野菜炒め
油にしょうがとにんにくのみじんぎりを入れて炒め、小松菜をざくざくきったものを入れて味の素とニョクマムで味付け。ウマイ。

■ベトナム風チャーハン
ベトナム風野菜炒めに海老を追加して、さらに御飯を追加して炒める。ウマイッ。うまみの凝縮したおこげが最高。

そうすると、なんだか調子がいいのだ。
私はちょっとセロトニンが足りない人なのだが、その、セロトニンが足りてる感じがする。
抗うつ剤なんかよりよっぽど効く。副作用もない。
普段と生活を変えていないので、きっと味の素のおかげなんじゃ?

と思って気になって調べてみた。

そうすると、味の素=グルタミン酸ナトリウムが抗うつ剤と同じ働きしますよー、なんて記事は見つけられなかったんだけど、副作用的な話題の方が多い。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

まず、不眠。ん?最近は良く眠れるけど、ベトナム直後こないだまで眠れなかったな・・・。
次に味覚障害。味の素の量がどんどん増えてしまう。
これは、、、気をつけてるからそんなことはないけど、味の素を使った料理がずっとブームなのは、ソレか???
さらに、頭痛。それはないな。むしろ頭痛がなくてすっきり爽快。

効能の方に目を向けてみると、血圧の上昇、尿量が増える、とある。
この、血圧の上昇ってのが、私の場合は功を奏しているかもしれない。
低気圧→血管膨張→低血圧→頭痛や体のだるさ
になっちゃってるような気がするから。

でもこんなにネットでたたかれていると不安だな。
ネットの中で真実を見極めるのは難しい。

当の、味の素のサイトを見てみる。
そしたら・・・おーぅ、アルアル、Q&Aがあるのだ。

一日の許容量ってあるのかな?
それは、Q&Aに書いてなかったので、お客様相談室にお電話してみた。
「一日の許容量ってありますか?」と質問すると、それは"特にない"、とのこと。
"でもたくさん使いすぎると味がしつこくなってしまいます"とのこと。

ちょっと、敏感に反応している気配が。
味の素、叩かれているのかな?食べ過ぎると健康被害が、、、って話をネットで見た、なんて話をするのはやめておこう。

質問を変えて、
「玉子焼きにはどのくらい使ったらいいですか?」
これはちょっとアホな質問で失敗だったかも。レシピたくさん出ているからね。
"2~3、4振りくらいで充分です"

これはいいことを聞いたのだ。今まで、勢いにまかせて5回くらいふってたような。

こちらのめっちゃおいしそうなチャーハンでは、8ふり、とあるから、まあ5回くらいは許容範囲かな。

でも自然のうまみを感じられなくなると困っちゃう。ワインの味わいがわかんなくなると困っちゃう。
今後は体調と相談しながら、なつかしのベトナムの味を楽しもう。
何事も、過ぎたることは及ばざるがごとしってね。ちょっと使い方が違うかな?

2008/07/02 (Wed) 12:38
ハノイ3泊5日の旅 最終日はスパ

ハノイでの滞在も3日目を迎え、あっというまに日本に帰る日になってしまった。
ハノイの空港を発つのは夜。夕方までのフリータイム、ただしホテルはチェックアウトしなくてはならない時間を、我々はスパで過ごすことにした。

予定では、昼ごはんを近くのシェラトンホテルのすぐそばにあるヴァインというフレンチレストランで楽しもう、と思っていたのだが、(ベトナムで味わうフランス仕込みのフレンチは相当楽しみにしていた)、シェラトンの朝ごはんがゴージャスすぎて、しかもフルーツが山盛りで置いてあったり、帰ってきた時間にはケーキがおいてあったり、夕方にはカクテルが楽しめたりしたので、もうおなかはパンパン。
で、やむなくフレンチには行かなかった。
これもまた次回の宿題だ。

シェラトンを出て左手の方向に高層ビルがあって、そこはあたらしいショッピングセンターのようだったのだが、こちらへの散策も、次の宿題。

ちなみにシェラトンのゴージャスな朝ごはんはこちら
シェラトンの朝ごはん


フォーと、バインミー(自分で作る)。それに、果物たくさん。
フォーがとっても美味しくって、毎日食べた。

昼までグダグダまったりしたり、近所を散歩して過ごし、いよいよスパへ。
スパはZenSpaという有名なところで、これまたシェラトンから程近いところ。
でも地図を頼りにはいけない(地図がすごおくいいかげん)なので、タクシーで初乗り1万5千ドンで向かった。

ゼン・スパで予約しておきたのは、Together Foreverという、二人で受けられる4時間半のコース。これで二人で325ドル。
1時間100ドルがだいたい相場だなあと感じているので、これは、とっても安い!

だけど、中身はとってもゴージャスで、お姫様気分になった。

まず、塩スクラブでやさしーく全身スリスリ。
働き者のベトナム女性のエステは、とっても優しくて丁寧。
全身くまなく塩がまぶされたら、軽くラップして汗をじんわりだす。
その後、移動して塩を流し、ハスの花がたっぷりはいったお風呂へ。
ハスの花で、背中や腕をこすってもらい、かつ、肩をマッサージしてもらう。
思わず気持ちよくて「ほぅ。。。」と声が出てしまったら、心配そうな顔をされてしまった。Σ(・ε・;)
途中、ハーブティを飲みながら20分ほどじっくり温まる。

ハスの花のお風呂のあとは、レモングラスのスチームバス。
生のレモングラスと、数種類のハーブの下にスチームがあって、気持ちの良い香りが充満している。
今度はニガウリのお茶を飲みながら、汗を出す。
「あ~今確実にデトックスしているなあ」と実感する。

我慢できるか出来ないギリギリで開放され、シャワーで汗を流したら、エアコンの効いているお部屋でフットバスと、また違うお茶。
フットバスには何やら海草のようなものと、唐辛子のように刺激を感じるハーブが入っていて、まだまだ汗がどんどん出てくる。向かいの夫は汗っかきなので、しょっちゅうタオルで玉の汗を拭いている。
でも、エアコンの風で気持ちがいい。
(しかもこのフットバス、悩みのタネの慢性的軽い水虫にめっちゃよく効いた!)

その後は、全身をアロマオイルでマッサージ。
もうこのころには「どうにでもして~」状態である。
気持ちよすぎて、汚い話で申し訳ないのだが、、ガスが出ないように気をつけねばならなかった。

そんなにゆったりマッサージしてもらっても、4時間半のコース、まだ1時間弱ほど時間がある。
そ・し・た・ら、、、
残りの時間は全部フェイシャルなのだ!
もうよく覚えていないけど、
クレンジング

スクラブ

アロママッサージ

はちみつのようなパック
と、優しく顔を1時間もナデナデナデナデ、、、されると、もう夢の中。
気付いたら寝てしまっていて、

「マダーム おわりました」
と声をかけられていた。

はぁ、今書いていてももっかい行きたい。
夫は3歳くらい若返ったようだったし、もしかしたら私も?
疲れると出てくる口のしわ(ホウレイセン?)がなくなったし、目がなんだかひとまわりおっきくなったみたい。

その後、お茶と軽食が出た。これまた滋味豊かで美味しい。
肉味噌が味わい深い生春巻きと、ポタージュスープ。これもベトナムの料理のひとつだそうだが、名前は忘れちまった。。。
ほうれん草とか、グリーンピースのポタージュにビシソワースが合わさったみたいな素敵なスープで、ベトナムの人ってなんて美味しい料理を作れるんだ!と感動。
ぼけた写真をUPしときます。(どなたかへたくそでもぼけないカメラを紹介して~)
ゼンスパの軽食


ゼンスパを出るともうハノイとさよならの時間だった。
空港に行き、夜行便でひたすら日本へ。
帰りのTG便については寝てばかりで感動が薄かったので語るの省略。
もうこのころには、半分現実に戻っていて、なんだかな、、、である。

そうして今でも未練がましく、ニョクマムを使った野菜の炒め物や、フォーなどを食べている日々。
あーもう絶対絶対また行きたいのだ!
ベトナムは いい(≧∇≦)b

おいしい国は、いい国だ!!!

2008/07/01 (Tue) 11:55
ハノイ3泊5日の旅 3日目市内観光の続き

ハス茶を買って、少し調子づいたので、予定通りハノイの街を散策していく。
旧市街と呼ばれるこの場所は、ハイさん曰く「うなぎの寝床」、間口1.5間ほどの奥行き深い店がひしめいている。
ハノイショッピング

地図を見てもわかるように、東西南北がはっきりしない、斜めの曲がり角が続いていくので、地図をしっかりみて歩かないと迷ってしまうのだ。
実際、昨日ハロン湾クルーズで出会ったイタリア人も、地図を持たないでホテルを出て迷ってしまい、帰ってくるのに1時間かかったという。
「まるで迷路なんだよ」とおっしゃっていた。

ハンコやさんのPhuc Roiを目指して歩くと、仏具やさんが多い。
道に行商のおばちゃんが重たそうな吊り篭を持って歩いている。
白檀の扇子と、さんかく帽子はいらんかね?
と声をかけてきたおばちゃんは、ニコニコと愛想がよい。
「あなたには今日ラッキーの相が出てるよ~」
何も買わないけど、気分いい。
ここも、「コーン、シローイ」で受け流す。
でも今思えば値段によっては買ってもよかったな。すごく質が良かったのだ。

PhucRoiはいろんな日本のガイドブックにのってるので、話が早い。
どんどん見本を見せられて、どれも素晴らしい出来。
「全部あなたがデザインして作ったの?」と聞くと、
おじさんと、若くてかわいい、甥っぽいおにいちゃんとふたりで作ったのだという。
「すごいですね~」というと、
「イエーィナンバーワン!」とガッツポーズ。腕に自信ありなのだ。
おっきい四角が10ドルで、切手サイズを少し大きくしたくらいの丸型や四角型は3、4ドル。
ワインラベルが造りたかったので、一番おっきい四角で作ってもらう。
デザインはその場で相談しながら考えるんだけど、おまかせって少し難しいから、作っていくと決めた人は、あらかじめデザインを考えとくといいですね。
3、4時間でできあがるというので、お願いして後でピックアップした。
それがコレ。
フックロイのハンコ

あんましうまくうつってないんですけど、私のスキルではこれが限界~。

ますます調子づいて、街歩きを続ける。
出発が遅く、お昼時になっていたので、道端でオフロ椅子のようなちっこい椅子を出し、人々がフォーなどを食べたり、お茶したりしている。
バイクに注意しながら、道路の脇を歩いていくけど、どうしようもないあ場合は
「シローイ」と声をかけると、伸ばした足をさっとひっこめてくれる。
ベトナム人はお行儀が悪い、なんて書いてあった女二人組の旅日記があったけど、(つくづく読まなきゃ良かった。。。)そんなことなくて、マナーは日本人と似ていると思うのだ。
なんというか、気付かない。
でも声をかけたら親切にしてくれる。
そんな風なことを思いながら、蒸し暑く、バイクの排気ガスがすごい街をそろりそろりと歩いていく。

地図でいう、⑨シルクロード あたりには、入りやすい、刺繍やシルクのお店が並び、湖に近い方になるとお土産ものやさんが立ち並ぶ。
目に付いた刺繍のお店に入る。
シルクロードの、上の地図でいうと青い線と赤い線の境目あたりだ。
THUY KYショップ。 
刺繍の小物

ハスの花のランチョンマットとナフキンが、セットで4ドル、6セット買って21ドルにおまけしてもらう。
他、ハンカチ4枚セットで4ドル。
クレジットカードが使えるが、そこれ割引率が低くなってしまい、結果、全部で26ドルになった。

続いて、同じ並びで刺繍のかばんがディスプレイされて美しいAu Lacというお店へ。
バッグがほしいなーとは思っていたのだが、シルクのテーブルランナーに心を奪われる。
シルクのテーブルランナー1

シルクのテーブルランナー2


それぞれ10ドル。表と裏が微妙に色使いが違っていて、刺繍は両面にほどこされている。
折り曲げて使うといいんでしょうかね?いろいろ試してみよう。
ここもカードが使えた。
しかしタイで似たようなの買ったら50ドルするんだよね。やっぱり物価が安い。
でも物価が安いとちょっと罪悪感がある。経済格差を利用しちまっていいんだろうか、とか。。。

そのままつきすすんで湖の方で、貝を使った箸おきに目が留まる。
お土産物やさんは少々ガラ悪く、京都のお土産物やさんと同等の雰囲気。いささか現地感覚としては、ぼったくり。でも螺鈿細工よ。それが1ドルは、私の感覚では安い。
先ほど紹介したハンコの画像の右に見えるものがそれで、1個1ドル、6つで5ドルにしてくれた。

普段あまりお買物しないし、バーゲンなんかも興味がない性格なので、もうお買物疲れしてヘトヘト。
予定のリトル・ハノイには行かず、湖を眺めながらまったりしようと、湖畔のカフェでベトナムコーヒーをいただいた。が、飲めるまでに時間がかかった。

その後、予定どおり赤い線を通っていったのだが、もうだいぶ買い物はした感があったので、ホテルへ戻り、夕方からの水上人形劇鑑賞ツアーにそなえる。

http://www.tnkjapan.com/hanoi_night.shtml

ツアーは、日本人のカワイさんの案内で街歩き→ビュッフェ形式ベトナム料理ディナー→水上人形劇鑑賞
という流れである。
カワイさんを貸切。ゼータク感がとってもある。
ちなみに待ち合わせ場所のAPTトラベルにはなんだかすごくかっちょいいお兄さんもいた。
海外で活躍する日本人、かっこいいですね。

カワイさんに、今日このへんは歩いたよ、ともうしわくちゃになった地図を渡すと、
じゃあ違うところに参りましょう、
と臨機応変な対応をしてくれる。
そして、実用ベトナム語をどんどん教えてくれて、なんだかとっても楽しい。

ナイトツアーでめぐったところ

そうして歩いていったのが、上の地図の緑の線である。
ツアーは楽しかったし、水上人形劇もとっても楽しめたのだが、書くのは省略(多くの人が水上人形劇については語っていることでしょう、それはエッフェル塔について話すようなものなのだ)

特筆すべきは、今回一番大満足の買い物、木のサンダルである。
In Styleというお店で、選ぶと働きもののおばちゃんが、足にフィットするように、鼻緒を調節してくれる。
サンダル

一足5万ドン≒350円。二足買ったらおまけしてくれて、合計9万ドン≒630円。
安いっ。
10万ドンを出したら、ちゃぁんと1万ドンニコニコとおつりを返してくれた。
ベトナム語堪能なカワイさんの補助のおかげも、多分にあるけど、
とってもいいお店なのだ。
おばちゃんはベトナム語オンリーなので、数字は電卓で示してくれる。
笑顔がとっても素敵で、それが何よりの贈り物だった。

こんなんで買い物は終了しましたが、反省点としては
・ハス茶もうちょっと買いたかった
・ニョクマムなどベトナム食材を買いたかった
・三角帽子も買いたかった

てとこでしょうか。それはまた次回のベトナム旅行(また行く気マンマン)のお楽しみなのだ。
(´∀`*)ウフフ

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。