プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/25 (Mon) 15:40
After course you can do it

週末のバラ祭りのふりかえり。

ほとんどバラのないバラ祭りだったけど、まあ、集まって食べて飲んでという機会は非日常のごほうびよね。
今回はお友達が1時間半くらい作業を手伝ってくれたので、普段より盛りだくさんでグッドルッキングなピンチョスがたくさんできて、うれしい。一人で作るのってたまあに気力足りなくなっちゃうんだよな・・・。将来ニュージーランドでB&B開くのが夢なので、コンスタントに疲れずおいしい料理をくりだせるようになりたい。すっごくそう思う。

全体の様子

全体の様子。
最近やったDIYなんだけど、奇跡の星の植物館をまねて植物やアロマキャンドルを天井から吊るしてアレンジするのがお気に入りで、バラのないバラ祭りだったのでバラの香りのキャンドルをともしてみた。
お花も飾りたいけど、テーブルはスペースが足りないって場合にも天井からアレンジメントを吊るしたらOKと、とっても都合がよくて、気に入ってる。
天井に8ミリほどの穴をあけ、トグラーという部品を使って、石膏ボードにもきくようにフックを取り付けたもの。これだと好きな位置にろうそくの明かりを取れるので、ごくまれに夜はろうそくだけで過ごしたりして楽しんでマス(◕‿◕✿

三段トレイ
今回の三段トレイ。
三段トレイでサーブすると、ゲストのテンションがあがるのがうれしい。特別なカンジを演出してくれる
すぐれもの。IKEAで2000円しなかったオトクな逸品。
食べ物の色がいろいろあると、とってもウキウキする。今回は本当にグッドルッキング。緑、赤、黄色、赤紫、白。まさに、ビタミンカラー。

上段
三段トレイの上段。この段はぜーんぶお友達が作ってくれた。
12時の方向から、パプリカの柴漬のせ、マッシュルームのクリームチーズ詰め レモン&レモンタイムの香り、きゅうりのサラミ詰め ミニトマトのピンチョス。
パプリカの柴漬のせは、前日TVで京都吉兆の人がグルメコンテストに挑戦!ってなカンジの番組をやっていて、そこで作られたものをそのまま拝借。四角く切ったパプリカに柴漬けのみじん切りをのせ、ごまをぱらっとかけたもの、それだけだけどとっても美味しかった!ゲストにも大好評。色合いもとってもきれいだから、今後のパーティの定番メニューになりそう。

中段
中段は、お得意のアボガドと明太子ディップのレンコン詰め。緑とピンクもいいよなーと自画自賛。

下段
下段は、フランスパンのコンビーフマッシュポテト詰め。これにミックス野菜(グリーンピースとかにんじんとか)いれて、もっとカラフルにしてもいいかも。


三段トレイに出す予定が置き忘れた、
ラザニア
カニのサラダ、ラザニアミルフィーユじたて。
私はコレってなかなかいいんでない?って一番強く思ったけど。
ラザニア5枚の間あいだに、カニのサラダを挟んで、トップにグリーンピースを飾りつけたもの。これも、前々日くらいにTVみた、「Everyday Italian」のレシピを参考に。この番組は先生がイタリア人なのかな、ハイテンションでパッパッ手際よく美味しそうな料理を作るので、見ていて元気が出るし、「ライトでヘルシー!」とかいった先生の口癖が頭にこびりついてしまう。
切り分けるのが大変なので、ちょっと前に作って冷凍庫で固めて、切ったらOK。次回はハートとか、クッキーの抜き型でもためしてみたいな。
崩れやすいので、アルミカップに入れたけど、もうちょっとここも改善の余地ありなような。。。
次回は春巻きカップを作るかねえ。

Dscf0522.jpg
一番パクパクいってくれた、タイのせ寿司。お友達のご実家が割烹料理屋さんで、タイのお造りをもってきてくださるとのこと、それをいかした料理を、、、と考えたのだけど、大ヒットだった。
御飯はポン酢に砂糖をまぜた寿司酢、みょうが、しそ、しょうが、ふじっこ昆布で作ったまぜ寿司御飯。しそと、千枚漬にくるんで出して、最後にタイをのせようと計画していた。千枚漬が手に入らなかったので、白ウリの塩漬けなるお漬物で代用。この白ウリのお漬物もあっさりしていて美味しかった!秋本食品ってとこのだって。おぼえとこう。

ガスパチョ
かくれんぼタコのガスパチョ。
トマト嫌いな子がひとりいて、トマト嫌い知ってたけどいけるかな・・・と思ったらダメだった。結構トマトトマトしているかもね。夏にはいいスープなんだがなあ。

デザートは、
マカロンとケーキ
マカロンとアップル&バナナケーキ。
お皿のふちにマカロン並べて、間にローズマリーでグリーンリース作って、その中にケーキの切ったのを入れて、、、と思ってたんだけど、デザートタイムになる前にパクパクマカロン食べちゃうせっかちさんがいて、断念。
コーヒーマカロン、ピスタチオクリームはピエが出ず、表面もアバタだらけで見た目は失敗なんだけど、味は良いと大好評でうれしかった。マカロンを美しく作るのって、ほんとに難しい。

フルーツ
あやうく出すのを忘れそうになった、ベリーのザバイオーネソースかけ。
これもEveryday Italianで見て覚えたもの。

BGMも評判よかったから、覚書に。

<準備中&食後のダンスタイムに>
ハートに火をつけて<SHM-CD>ハートに火をつけて
(2008/12/17)
ドアーズ

商品詳細を見る


<パーティのスタートから>
ポートレイト・イン・ジャズ 和田誠・村上春樹セレクションポートレイト・イン・ジャズ 和田誠・村上春樹セレクション
(1998/06/20)
オムニバスビリー・ホリデイ

商品詳細を見る


<日が暮れてから>
マイ・ファニー・ヴァレンタイン-アット・ザ・ムーヴィーズマイ・ファニー・ヴァレンタイン-アット・ザ・ムーヴィーズ
(2008/09/03)
スティングエリック・クラプトン

商品詳細を見る

このCDは欲しい!って人続出。
スティングの、映画に提供した音楽がいっぱい入ってるんだけど、ジャスの要素と美しいピアノの旋律、スティングのα波いっぱい出ちゃいそうなやさしい声がステキ。スティングって名前からはハードな人物を想像しちゃうけど、本人って実際どういう人物像なんだろな。

<スティングヘビロテしたけどパーティはまだまだ続いたので>
NHK「美の壺」ブルーノート・コレクションNHK「美の壺」ブルーノート・コレクション
(2007/03/14)
オムニバス

商品詳細を見る


スティングヘビロテの後、ちょっと選曲に迷って結局ジャズにしたけど、コレが聞きたかったな。
The Lake HouseThe Lake House
(2006/06/20)
Rachel Portman

商品詳細を見る



This Never Happened Before... デザート曲だね。あまーい。

この日あけたワイン、白2本赤3本。
イヤー、楽しかったなあ!
スポンサーサイト

2009/05/22 (Fri) 12:39
course you can do it

今週末にもバラ祭りティーパーティがある。
バラはギリギリなんとか、ピエール・ドゥ・ロンサールと最近買い求めたスイートチャリオットが頑張ってくれて、楽しめそう。ほかはぜーんぶ終っちゃった。でもバラたちよ、素敵な姿をありがとう。
今年は季節が本当に早い。もうすでに梅雨明けみたいな陽気が訪れているような気がする。

今度のお客様はおしゃべり大好きメンバーで、ながーくたっぷり食べ飲み笑いする予定なので、おしゃべりしながらひとくちでつまめるピンチョス系でたくさん用意したい。あと、最近いただいて美味しかったものをたっぷりもりこんで。
今回はパーティ1時間前に、近所の友達にお手伝い要請をしちゃったので、アテにしちゃおう。

【料理】
・タコとホタテのかくれんぼガスパチョ
・カニのサラダ、ラザニアミルフィーユじたて
・きゅうりのサラミ詰め ミニトマトのピンチョス
・マッシュルームのクリームチーズ詰め レモン&レモンタイムの香り
・アボガドと明太子ディップのレンコン詰め
・フランスパンのコンビーフマッシュポテト詰め
・タイのせ寿司 しそとかぶら巻きごはんにのせて
・アップルケーキ
・バナナケーキ
・コーヒーマカロン ピスタチオクリーム
・ベリーのザバイオーネソースかけ

【買い物】
タコ、ホタテ、トマト、きゅうり、セロリ、玉ねぎ、パプリカ、カニ缶、ラザニア、グリーンピース、サラミ、ミニトマト、マッシュルーム、クリームチーズ、レモン、アボガド、明太子ソース、れんこん、フランスパン、コンビーフ、マッシュポテトのもと、ゆず酢、しそ、千枚漬、フジッコこんぶ、みょうが、ごま、りんご、バナナ、粉砂糖、アーモンドパウダー、ピスタチオ、卵、いちご、ブルーベリー、かいわれダイコン、サワークリーム

【前日の準備】
・マカロンを作る。(レシピはこちら)ピスタチオクリームは、ピスタチオをお湯につけて柔らかくしたら殻をむき、マッシャーで細かくしてバターと砂糖を加えて煮て作る。

・余った卵黄で、ザバイオーネソースを作っておく。

・ガスパチョを作る。(レシピはこちら)かくし味にクミン少々。

・レンコンを酢と塩を入れた湯で白くゆでておく。湯で時間は15分くらい。

【当日5時間前の準備】
●アップルケーキ・バナナケーキを作る
1.薄力粉2カップ、シナモン少々、ベーキングパウダー少々、塩ひとつまみはふるっておく。
2.リンゴはいちょう切り、バナナは5ミリ程度の薄切りにしておく。
3.全卵2個に砂糖カップ1弱加えてよくあわ立てる。
4.タネにサラダ油カップ1/2加え、粉を加えてさっくり混ぜる。
5.タネをふたつにわけ、それぞれリンゴとバナナを入れて混ぜ合わせる
6.ふたつの型にタネを入れて、160度のオーブンで約1時間、キツネ色になるまで焼き上げる。

【当日3時間前の準備】
・テーブルセッティング、グラス磨きを終えておく

【当日2時間半前の準備】
・ごはんを固めに炊く

●フランスパンのコンビーフマッシュポテト詰めを作る
1.マッシュポテトを作り、コンビーフ、塩をふって水気を切ったセロリ、水にさらして水気を切った玉ねぎ、マヨネーズ、塩コショウで味をととのえる。
2.フランスパンの中身をくりぬき、マッシュポテトを詰める。
3.ラップを巻いて冷蔵庫で冷やしておく。

●アボガドと明太子ディップのレンコン詰めを作る
1.クリームチーズを柔らかくクリーム状にする
2.半分に明太子パスタのもとを加えて明太子ディップにする
3.アボガドはレモン汁をかけてつぶし、柚子こしょうで味をととのえてディップを作る
4.それぞれのディップをレンコンにつめ、冷蔵庫で冷やしておく

【当日1時間半前の準備】
●カニのサラダ、ラザニアミルフィーユじたてを作る
1.グリーンピースはゆでておく。
2.ラザニアの皮をゆでておく。
3.カニ缶、グリーンピース、みじん切りにして水にさらした玉ねぎの水気を切ったもの、マヨネーズ、レモンの皮少々を混ぜ、塩コショウで味を調える。水気が多いようであれば、クリームチーズを加えてクリーム状に固さを整える。
4.ラザニアの皮の間にカニサラダをはさむことを繰り返し、高さ4センチほどにする。
5.できあがったものをラップできっちりくるんで冷蔵庫で冷やしておく。

【当日1時間前の準備】
●きゅうりのサラミ詰め ミニトマトのピンチョスを作る←友人にお願い予定
1.きゅうりはサラミの大きさに切り、真ん中にお箸で穴をあける。
2.穴にサラミを詰め、半分の大きさに切る。
3.ミニトマトを半分に切り、きゅうりにのせて楊枝を挿して仕上げる。
4.トレイ中段へ盛り付ける。

●マッシュルームのクリームチーズ詰め レモン&レモンタイムの香り←工程3からお願い
1.マッシュルームの軸を取る。
2.柔らかくしたクリームチーズに塩、にんにくおろし、レモンの皮、レモンタイムのみじん切り少々を加えてディップを作る。
3.マッシュルームにディップを詰め、レモンタイムをトップに飾って仕上げる。
4.トレイ上段へ盛り付ける。

●タイのせ寿司 しそとかぶら巻きごはんにのせてを作る←工程2からお願い
1.御飯に柚子酢でできたすし用酢をふりかけ、ふじっこ昆布、茗荷の刻んだもの、ゴマを入れて寿司飯を作る。
2.しそ、千枚漬で御飯少々をくるんでさらに並べる。
3.タイが到着したら、くるみ寿司御飯の上にのせる
(タイは実家がお魚屋さんの友人が持ってきてくれる予定)
4.柚子酢、しょうゆ、わさびを混ぜたツケダレを添えて出す。

・アボガドと明太子ディップのレンコン詰めを仕上げる
それぞれ縦半分に切った後、1センチ弱の厚さにスライスしてトレイ中段へ。

・カニのサラダ、ラザニアミルフィーユじたてを仕上げる
ラップごと4センチ角の立方体に切り、ラップを外してホイルカップに入れる。マヨネーズ、レモンの皮を少々のせて、グリーンピースを上に乗せてトレイ上段へ。

・フランスパンのコンビーフマッシュポテト詰めを仕上げる
1センチの厚みに切ってトレイ下段へ。

●タコとホタテのかくれんぼガスパチョを仕上げる
1.タコとホタテはレモン汁を振りかけた後水気を切り、カップのに入れる
2.冷やしておいたガスパチョを注ぎ、カイワレダイコンをのせ、クミンを少々ふりかけて仕上げる。

・イチゴは洗って半分に切り、ブルーべりーとあわせてレモン汁をかけ、ココット皿に入れた後冷蔵庫で待機。

・ケーキを切り分けて大皿にのせる。


【料理盛り付け位置】
・タコとホタテのかくれんぼガスパチョ →コーヒーカップ
・カニのサラダ、ラザニアミルフィーユじたて →三段トレイ上段
・マッシュルームのクリームチーズ詰め レモン&レモンタイムの香り →三段トレイ上段
・きゅうりのサラミ詰め ミニトマトのピンチョス →三段トレイ中段
・アボガドと明太子ディップのレンコン詰め →三段トレイ中段
・フランスパンのコンビーフマッシュポテト詰め →3段トレイ下段
・タイのせ寿司 しそとかぶら巻きごはんにのせて →大皿
・アップルケーキ →大皿
・バナナケーキ →大皿
・コーヒーマカロン ピスタチオクリーム →大皿
・ベリーのザバイオーネソースかけ →ココットに入れて冷蔵庫の中へ、デザート時にサーブ


さて、そろそろ作り出すか。(もう前日Σ(゚Д゚;)

2009/05/13 (Wed) 20:38
After course you can do it

きのうのバラ祭りのふりかえり。

久しぶりのお友達、しかも同級生と人生の変化について語ったりするのは、なんだかとってもほっとする。お互い年を重ねてますなーってさ。
今回のお友達は、浪人時代、今はなき予備校・研数学館で一緒のクラスだったことがおつきあいのきっかけだったので、あのころの真っ白けの未来から考えるとお互いいろんなピースを加えていったのだなあ、としみじみしてしまった。性格やひととなり、話す言葉が変わったわけではないけど、経験と人生の選択の傾向が結果となって現れてきたというんだろうか。まあ、ともかく、しみじみ。

ビシソワーズ
いっつもゲストに評判のよい、簡単ビシソワーズ。
暖めた牛乳にホタテだしのもと、ホタテ缶、にんにくおろし小さじ1/4を加えて味をととのえ、マッシュポテトのもとでとろみをつけてしあげたもの。今回は、目玉食材としてチャイブの花と葉っぱを添えて。
チャイブの花ってほんとにネギの味でふしぎ。ネギ代わりに使えて、かつかわいい、いいものに出会えた(◕‿◕✿

野菜のテリーヌ
野菜のテリーヌ。
中身は、おくら、インゲン、アスパラガス、パプリカ、みょうが、そしてチャイブ。それをコンソメゼリーでまとめたもの。
みょうががきいてて美味しかったけど、だんだん暑さでとけちゃったり、カットしたら崩れたので、もっとゼリー分を少なく、周りをキャベツか白菜でまいてしあげたほうがよさそう。

オードブル
レンコンのアボガドディップづめと、トマトの蜜煮。
トマトの蜜煮はちょっと甘すぎた。トマト10個、水200ccにたいして氷砂糖大さじ3入れたけど、2でもいいかも。
レンコンのアボガドディップも好評。アボガドにレモン汁と柚子こしょうを加えてつぶしてクリーム状にし、酢塩水で白くゆでたレンコンの穴につめたもの。
けっこう食べ甲斐があって、1センチの太さにカットしたひとつぶんでおなかはっちゃう。
ダイエット中のチーズ代わりに良い一品。

もりさん作
これはお友達がもってきてくれた、牛肉のお寿司。
牛肉はしゃぶしゃぶしたのかな?すごくさっぱりとして、丁寧に作れられたひとしなで、ウーン、女子力高いなーとひそかに思ってしまった。

パブロバ
すごおく上手にできた、パブロバ。今回のレシピしっかと覚えとかなくちゃ。
卵白2個、粉砂糖150グラム、ホワイトビネガー大さじ1/2でしっかりメレンゲを作り、130度のオーブンで70分焼き、そのままオーブンの中で冷やす。
粉砂糖ちょっと多すぎーと思ったので、50グラムくらいはコーンスターチに変えて今度作ってみるだな。余った卵黄で作ったザバイオーネソースも、グレープフルーツの果汁がきいててさわやかでおいしかった!また作ろう。

ローズマリーのグラニテも美味しかったんだけど、写真を失念。
なんだか暑かったようで、すぐ溶けちゃったんだナー。

ホットサンドは、あらかじめ作っておくとしけってイマイチだったので、いちいち食べるときに作るが吉でした。

バラ祭りはまだまだ続く。。。

2009/05/11 (Mon) 15:42
course you can do it

(旅のはなしがまだ残ってるけど、急を要するネタなのでこっち先で。)

バラ祭りの季節が2週間ほど早く我が家を訪れた。
バラ祭り=ただ単にウチで育てているバラをお客さんに見てもらおう、とティーパーティを行うだけなんだけど、今年はその主役のバラの開花がほんとに早い。
去年は5月13日にやっと一輪咲き始め、こんな感じ、満開は5月26日でこんな感じだった。

現在はこう。
ピエール
今年もうつむくピエール・ド・ロンサール。

すみれの丘
はやくも散り始めたすみれの丘。

ブルームーン
匂いたつブルームーン。

しかもここんとこの汗ばむ陽気で花はパッと咲いてハラっと散り、いさぎよいことこの上ない。
うーむ。バラはもうちっとしっとりゆっくり生涯を終えて欲しいんだけどナァ。
今後、何組かのお客様予定があるけど、ほとんどバラのないバラ祭りになっちゃいそうだなー。

ま、ともかく今は明日の準備をしなくちゃなのだ。
明日のお客様は1名なので、ふたりでゆっくり楽しむティーパーティ。
ちょっと体調イマイチなので、前日(今日)のうちに準備できるもの中心で、明日は1時間くらいでぱっと作ってしまいたい。

今回の目玉はチャイブ。最近知ったんだけど、チャイブはエディブルフラワー(食べられるお花)なんですと。チャイブのお花が満開なので、これを少々使った料理を入れてみたい。チャイブってネギの仲間でとっても重宝するハーブなのだけど、このお花もネギの味がするんだって。
チャイブ


【料理】
・ホットサンド(カレー、バジル&トマト、ルッコラ&ハム&チーズ、アンチョビ&トマト)
・簡単ビシソワースのチャイブフラワーのせ
・いろいろ野菜のテリーヌ
・レンコンの明太子チーズ詰め
・レンコンのアボガドディップ詰め
・トマトの蜜煮
・きゅうりとシソのチーズディップ
・パブロバ
・ベリーのサバイオーネソースかけ
・ローズマリーとグレープフルーツのグラニテ

【買い物】
サンドイッチ用パン、レトルトカレー、バジルソース、トマト、ルッコラ、ハム、チーズ、アンチョビ、ホタテ缶、牛乳、みょうが、おくら、アスパラガス、ヤングコーン、インゲン、パプリカ、ゼラチン、レンコン、明太子パスタのもと、アボガド、柚子こしょう、ミニトマト、きゅうり、しそ、にんにく、クラッカー、いちご、ブルーベリー、氷砂糖、グレープフルーツ

【前日の準備】
●ローズマリーのグラニテを作る
1.水1カップに氷砂糖大さじ2、ローズマリーの刻んだものを入れて煮立て、砂糖が溶けたらレモン汁をいれて粗熱を取る
2.グレープフルーツをほぐしたものとともにバットに流しいれ、冷凍庫で凍らす。30分ごとにフォークでかきまぜる。
3.6回くらい繰り返したらできあがり。

●パブロバを作る
1.卵白2個分を固くあわ立て、粉砂糖150グラム、コーンスターチ小さじ半分、白ワインビネガー大さじ1/2、バニラエッセンス少々を加える。
2.クッキングペーパーで直径10センチ、高さ8センチ程度のわっか6つをつくり、それぞれにタネをいれる
3.130度に熱したオーブンにタネをいれ、40分ほどじっくり焼く(くれぐれも焦がさないように、低音で焼く)
4.オーブンに入れたまま冷やして、型紙をそっとはずす。
5.残った卵黄に砂糖大さじ5、グレープフルーツの果汁大さじ2、ブランデー大さじ1加えて湯せんにかけながらホイップして、ザバイオーネソースを作っておく

●レンコンの詰め物を作る
1.レンコンは塩少々とお酢を入れた湯で白く煮る
2.クリームチーズ100グラムを明太子ソースとまぜておく
3.アボガドは潰してクリーム状にし、レモン汁と柚子こしょうで味を調える
4.それぞれの詰め物をレンコン詰める。レンコンを上から押し付けるようにするとつまっていく。
5.ラップをして冷蔵庫で冷やしておく

●トマトの蜜煮を作る
1.ミニトマトは何箇所か竹串で穴をあけておく
2.水200ccに氷砂糖大さじ4、トマトを入れて水から煮る
3.弱火で煮詰まったら熱いうちに密閉ビンに入れて保存する

●いろいろ野菜のテリーヌを作る
1.野菜は塩茹でもしくはレンジでチンしておく
2.コンソメスープ200ccに規定より少し多めのゼラチンをいれてゼリー液を作る
3.テリーヌ型の底にチャイブの花、つづけて花をつぶさないように野菜を並べ、ゼリー液を流しいれて冷やし固める

【当日1時間半前の準備】
・掃除を完了し、テーブルセッティングをしておく
・きゅうりはいちょう切りにして、塩もみしておく
・グラニテをフォークでかきまぜておく
・レトルトカレーを子鍋であたため、マッシュポテトの元を入れて固めにしあげておく

●ビシソワーズを作る
1.牛乳を鍋に入れてホタテスープのもととホタテ缶を入れて煮る
2.マッシュポテトの元を入れてとろみをつける
3.刻んだチャイブとほぐしたチャイブの花を用意しておく

【当日1時間前の準備】
・テリーヌは型に入れたまま、1.5センチ間隔でナイフを入れて野菜を切っておく
・レンコンは1センチ厚にきってもりつける
→三段トレイの中段に
・いちごは半分にきってブルーベリーと一緒にレモン汁をかけてデザート皿に入れ、冷蔵庫に準備しておく

●きゅうりのディップを作る
1.塩もみしたきゅうりの水気を切る
2.しそを薄切りにしておく(→薄切りにした一部はトマトの蜜煮の飾りに)
3.クリーム状にしたクリームチーズにきゅうり、にんにくおろし小さじ半分、しそ、塩こしょう少々を混ぜて味をととのえる
→トマトの蜜煮とともに、三段トレイの上段に

●ホットサンドを作る
・カレーディップをはさんだホットサンドとルッコラ&ハム&チーズのホットサンドを作る
・バジル&トマト、アンチョビ&トマトのホットサンドを作る
→三段トレイの下段に

・ビシソワーズをカップにもりつけ、刻んだチャイブとお花をふりかけて飾る
・テリーヌ型から野菜のテリーヌを外してもりつける

・飲み物とともにテーブルにセッティングする

【食事が終ったら】
・グラニテを出す
・パブロバにベリーを添えて、サバイオーネソースをかけて出す


やばいっもう夕方だわ
準備急げーΣr(‘Д‘n)

2009/01/28 (Wed) 15:47
好みのウイスキーを見つけたい 文化編 その2

前回の続き。

ウイスキーにはまりはじめた私が、ウイスキーを開拓するのに参考となる情報を調べておくネタ。

村上春樹作品の続きから。
お酒を飲むシーンはおぼろげに覚えているのだけど、以外とウイスキーだと思ったら上等の赤ワインだったり、ウォッカ・トニック、ギムレットだったりする、、、
それぞれの味を明確に思い出せたら、もっと文章の味わいが違うんだろうなあ。

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
(1997/09)
村上 春樹

商品詳細を見る
主人公の奥さん、あるいは奥さんに関わるメタファー、ペルソナが幽閉(?)されているホテルの一室にいつも置いてあったのは、カティーサーク。

ギターの男が手のひらを焼くシーンで主人公はウイスキーを飲んでるけど、銘柄確認できず。
ストレートってことだから、シングル・モルトかな?




海辺のカフカ (上) (新潮文庫)海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
(2005/02/28)
村上 春樹

商品詳細を見る
海辺のカフカでは、主人公のお父さんのメタファーが、ジョニー・ウォーカーさん。
さすがに主人公が少年なので、他にはあんまりお酒の話題はでてないようだけど。





女性の作家はどんなのをおすすめしてるんだろう。
アル中の女の人が主人公なので、お酒のシーンが異様に美味しそうな、江國 香織著、「きらきらひかる」。
きらきらひかる (新潮文庫)きらきらひかる (新潮文庫)
(1994/05)
江國 香織

商品詳細を見る
確か皆でウイスキーがぶ飲みしてたよなーと思ったら、違った、ミント・ジュレップというウイスキーのカクテルだった。
こちらはケンタッキーのバーボンで作るそうだけど、ケンタッキーダービーで公式飲料とされているレシピでは、アーリータイムズを使うのだそう。夏に試してみたいイッピンですな。





文学編最後は、自他共に認めるアル中でいらした、中島らもさん。
アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)
(1999/03)
中島 らも

商品詳細を見る
私はアル中にはなりたくないので、マネはできないけど、ラストドラッグ=アルコール にて紹介されているのは以下ふたつ。

トリキン(=トリス・キングサイズ)ってコレかな。。。

4リットルで3000円ちょっとって、安い。だからおすすめなのか、らもさん。。。

めちゃめちゃ仕事がたてこんでて、大変な状況で燃料になっていたそうなのが、ワイルド・ターキー。


らもさん、きっと今は天国で美味しいお酒を飲んでるんだろね。




ネオン街からも紹介してもらおうか。
女帝 1 愛蔵版 (1) (ニチブンコミックス)女帝 1 愛蔵版 (1) (ニチブンコミックス)
(2005/08/26)
倉科 遼

商品詳細を見る


残念ながらブック・オフしちゃったみたいで、ウロ覚えだけど、ヘネシーとかオールド・パーって書かれていたような。


ヘネシーはウイスキーじゃなかったや。


さて、まれに調子が良くなると、ウイスキーを飲んでいたおとんは。

昔よく飲んでいたのは、サントリーオールド。


最近のおすすめは、竹鶴ですって。



ウイスキーのにおいにむせそうですが、次回はエアライン機内食でラインナップされているウイスキーを調べてみます。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。