FC2ブログ

プロフィール

achablog

Author:achablog
中野あゆみのブログです。
日々インターネットで調べたことをブログのかたちで残しておくことにしました。
途中で調べるのあきらめちゃったりするけど。。。

twitter

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ全記事表示

2008/03/19 (Wed) 11:05
時空モノの本が読みたい

春眠暁を覚えずとは言いますが
なんだか夢うつつである。
最近季節のカワリメのせいか、一旦寝ても眠りが浅く
ちょっと眠れたと思ったら隣にいる人の歯軋りや寝言でまた起き
(#゚Д゚) プンスコ!
眠れないしテレビでも見ちゃえと
トップをねらえ!」を最後まで見てしまい
コーフンしてますます眠れない。
ちょっと意味なく女体がぷりぷりしていてHだが
(これがきっと萌えなんだろな)
これが・・・実に・・・面白かった!感動した!

かわいい女の子がロボットを操縦して宇宙怪獣と戦うというお話なのだが
戦いの際のワープやら重力の関係で
地球の重力下で過ごす人と異なる時間を生きてしまう。
ウラシマ効果というらしい

愛する人と同じ時間を共に過ごせないとか、時空モノってとにかくイイ(≧∇≦)b
永遠のベスト1映画・ターミネーターに通じるものがあると思う。
二度と戻れない時空の旅に出るって
切なくて懐かしくて
ココロが恋愛の初期症状みたいになりませんか?♥

他に大好きな時空ものには
「ハイランダー」
ハイランダー 悪魔の戦士ハイランダー 悪魔の戦士
(2003/02/21)
クリストファー・ランバート、ショーン・コネリー 他

商品詳細を見る


時空とはちょと違うけど異なる世界という意味で
「ラビリンス」
ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディションラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
(2005/08/24)
デヴィッド・ボウイ、ジェニファー・コネリー 他

商品詳細を見る

があります。

「ぼくの地球を守って」もイイネ。
ぼくの地球を守って―愛蔵版 (1)ぼくの地球を守って―愛蔵版 (1)
(2004/05/28)
日渡 早紀

商品詳細を見る


ネバーエンディング・ストーリーもだね。
ネバーエンディング・ストーリーネバーエンディング・ストーリー
(2001/11/02)
バレット・オリバー、ノア・ハザウェイ 他

商品詳細を見る


あと、あと、どらえもんの「のび太の宇宙開拓史」も!
映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史
(2001/03/14)
大山のぶ代、小原乃梨子 他

商品詳細を見る


知ってましたか、ラストシーンのガラスの花って地球上にほんとにあるんですよ。

うちにも今いてて、芽吹いています。

---もといごめんなさい。きちんと調べたら
のび太のは「雪の花」でした。ъ( ゚ー^) 誤爆スマソ
でも私の心の中ではのび太がもらった遠い宇宙原産の花なの。

まあ散漫な思考はおいといて
こういう系列の時空ものの本が読みたい!
下手な恋愛ものよりコーフンしそうである!

前述のウラシマ効果について解説されていたページ、
トップをねらえ!科学講座の解説では、
アレキサンドル・コルパコフという作家の作でイイのがあるらしい。

宇宙翔けるもの―現代ソビエトSF短篇集 (1963年)

古本で高価でちょっと気軽に前に進めないねえ。
(つд⊂)エーン

アマゾンのリストマニアを「ウラシマ効果」で検索してみる。

内海の漁師
というのがなかなかよさそう。

Wikipediaにもよさげなのが。

終りなき戦い (ハヤカワ文庫 SF (634))

タウ・ゼロ (創元SF文庫)タウ・ゼロ (創元SF文庫)
(1992/02)
ポール アンダースン

商品詳細を見る


眠れない夜、壮大な世界に思いを馳せよう。



2008.04.08追記
イルマーレって映画、題名は知っていたんだけど見たことなかった。
今日初めて時空モノだって知った。
求めよ、さらば与えられんって感じだー!!!

2008/03/18 (Tue) 10:31
中高年に優しいパソコンの設定

実家に帰ったら、おニューのパソコンが鎮座しており。
インターネットにも接続できるようになっていた。

しかし、イロイロと悲しいことになっている。
・WindowsVistaだったがために、既存のプリンターとつなげない。
・メールを開くたびにアカウントエラーが発生している。
(アカウント作成に失敗していたため)
・メーカーのソフトウェアアップデート情報がポップアップとなって画面に貼りついているが、無視され続けている。
・ウインドウズアップデートが失敗し続けている。

所有者の父は理系人間という自負があるので
インストールがどうのだとかドライバがどうのだとか
横文字を連呼するのだけれど、意味がなってない。
それらしくしゃべってるだけなのだ。

とかくパソコンていうものは、知っている人が優越感を持ちつつ初心者に教えるイメージがある。
どうしてそうなるのか?
初心者は教えを請いづらい。
知っている人は初心者をバカにしやすい。

結果、迷走するタイプの人間がいる。
知ったかぶりでなんとかやってきた人間。
人にうまく質問できず、わからないことがわからないままに飽和してしまう。

・・・おそらくは、情報が多すぎて処理しきれないのだ。
もっとシンプルに、家電のようにパソコンを扱える方法はないものか。

ここまではため息先行のお話になってしまったが
まあ、ともかく、父が使いたいようにパソコンをカスタマイズするにはどうしたらいいんだろうか?
を調べてみることにした。

まずはパソコンの用途を考える。
①インターネットで旅行のための情報収集をしたい
②旅行してきてとった写真をアルバムにしたい
③メールをしたい
④写真はもしかしたらDVDに保存するかもしれない
⑤年賀状を作りたい
⑥写真や年賀状を印刷したい

パソコンを使う上で避けて通れないことを考える。
⑦ウインドウズアップデートやソフトウェアの更新をすること
⑧ファイヤーウォールやウイルス対策ソフトを起動させておくこと
⑨ウイルス対策ソフトのウイルス定義情報を適宜更新すること
⑩迷惑メール対策をすること

これらが簡単に行えるようにしておけば、きっと父も快適なはずだ。

さらに、中高年という世代(あるいは父)の特長を考える
⑪新しいことを覚えるのが苦手
⑫老眼が進み、目が弱くなっていきている
⑬忘れっぽい
⑭パソコンのエラーやアラートに恐怖心を覚える
⑮ソフトの名前を見て何するものかがわからない

まず、文字を大きくすることを考える。
(条件⑫に対する対策)

3分LifeHacking:
ボタンやフォントのサイズを変更してWindowsを“高解像度対応”モードにする


に表示フォントのみならず、メニューバーを太くしたり文字を大きくする方法が掲載されている。
そうそうこれよ!

次に、使いたいソフトをデスクトップに使いやすいように配置することを考える。
(条件②~⑤、⑬⑮に対する対策)
こんな↓壁紙なんてどうかねぇ?
シンプルな壁紙


この壁紙に、普段使うソフトのショートカットを並べるのだ。
デジカメをつなげた後写真が保存される行き先のフォルダも、
ショートカットにしておく
使い道のなさそうなソフトはアンインストールしておく。

Vistaが来るまで使っていたプリンタは、
もしかしたら↓の記事で再び使用できるかもしれない。
互換性のあるプリンタ ドライバを選択する方法

これで条件⑤⑥対策済。

インターネットは「お気に入り」にいくつか入れておいてあげればいいが
それは自分ひとりでもできていそう。
①は問題ないか。解決済。

残りはセキュリティ対策。
とりあえず、このへんを読んでおいてもらおう。

パソコンのセキュリティ対策
情報セキュリティ広場

ウインドウズアップデートは自動更新にしておく。
⑦~⑩については、一度実演・説明しておこう。


どうしてもダメな場合は、遠隔操作の手順を確認しておこう。

母が、
「3月8日の朝日新聞の4コマまんが"ののちゃん"の意味がわからない」
というので、それこそインターネットで検索すればわかるヨと、
ののちゃん 3月8日」で検索してみせたら、納得しており。
でも母は自分でパソコンを扱う気はさらさらないので、
父にこういうことができるようになっといてくれ
と言う。

パソコンを使いたいニーズはあるわけなので、、
自由に使うにあたっての露払いをやってあげるのも
悪くない。

2008/03/11 (Tue) 11:36
クレオパトラの武勇伝

平積みされていた、「いちばんやさしい フランス料理」を本屋さんで見かけて購入した。
本は図書館派なのだが
(しまう場所もないし、たくさん読みたいし、お金にも限りがあるし)
これはお友達とパーティするときにぜひ作ってみたいレシピや
使ってみたいテクや
知ってそうでしらないこと(肉の部位の種類とその特長とか)
小話がいーっぱいあって超買いだったのだ。

いちばんやさしいフランス料理いちばんやさしいフランス料理
(2008/02/13)
音羽 和紀

商品詳細を見る


そんなちりばめられた小話の中でドギモをぬいたのが、
「クレオパトラはどんだけ高価なディナーが振舞えるかを競って賭けをした時、ビネガーに最高級の真珠を溶かして飲んでその賭けに勝った」
(´;ω;`)ウッ… 真珠も受難やのう
「人魚の涙」なーんて言われるほど当時は貴重だったろうに。

しかしクレオパトラにまつわるウワサってすごく面白い。

有名な、カエサルとの初見のシーン。
自分は絨毯にくるまって、
「カエサル様に絨毯お届けにあがりました~」と召使にさせて、
くるくる広げた絨毯からクレオパトラ登場!

・・・絶対、目が回ったと思う。(@Д@)
でもモシカシテめまいしてる顔って意外と男の人のツボなのかも。
我等が日本の悪代官も
帯を「ほーれやほー」ってくるくるほどいて手籠めにしちゃうし、、
身近にいる男性P曰く
「放心している顔ってエロイかも」だって。
もしクレオパトラがそこまで計算してたらすごい。

他にもクレオパトラはどんな武勇伝を残しているんだろう?
気になって、「クレオパトラ」でひっかかった本を図書館で借りて、いろいろ斜め読みして調べてみることに。

お洒落の達人 ウソのような本当の話―究極の美を追い求めすぎた悲喜劇本
では、
「クレオパトラはヒメサラレイシ貝を絶滅に追いやった」
なんでも、この受難の貝の分泌液がきれいな紫色の染料になったそうで。
最近、辛くも生き残りが発見されたそうで。
貝紫という色だそうです。クレオパトラは帆船の帆(何畳あるんだ?)にも使った。。。

この、"ある生物からちょっぴりしかとれない貴重な一部分"がきっと彼女にとっていいんじゃないかと思う。
同様に、
クレオパトラも愛したハーブの物語―魅惑の香草と人間の5000年
によると、クレオパトラはサフランで染めた布がお気に入りだった、
とある。サフランも、一年にいっぺんさく花のたった3枚の雌しべを受粉させずに採取して作る。

エビの背ワタ(=エビのウ○コ)が最高の泥パック!
なぁんて言われたら、きっとクレオパトラはエビを絶滅に追いやっちゃうんじゃないか?


知っていそうで知らなかったクレオパトラ知っていそうで知らなかったクレオパトラ
(2000/09)
マイケル フォス

商品詳細を見る


は読むの大変だったけど、やはりところどころおかしいことが書いてあって、

・アントニウスを歓迎するため、豪華船に楽団と香料をいっぱいたいてナイル川をどんぶらこと流れて行き、それを見た人々が「なんやこの匂いは、アフロディテが着たぞー」と川岸に殺到したため、結果的にアントニウスは一人ぼっちになった

だの(さぞ船内は強烈な匂いだったろう、、、吹奏楽の人かわいそうに)

・歓迎の宴ではバラをくるぶしの高さまで敷き詰めた「薔薇絨毯」でもてなした

だの

・アントニウスにオニキスと水晶でできたラブレターを送った

(お風呂用のラブレターか?)だの

・クレオパトラ開催のパーティでは大盤振る舞いされたため貧乏人が大金持ちになって帰っていった

((TдT) アリガトウ)だの。

何千年もウワサされるだけのことはある、アッパレな人だ。
楽天を「クレオパトラ」で検索すると、4647件もヒットする。(現在)
http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&sitem=%A5%AF%A5%EC%A5%AA%A5%D1%A5%C8%A5%E9

彼女が生み出した経済効果・・・なんて、
無量大数超えちゃうかもだ。

2008/03/06 (Thu) 10:15
『私の男』の装画は誰?

最近直木賞を受賞された桜庭一樹さんのことを眼にすることが多い。
直木賞を取ったとき、へぇーそうかーと思って、
格闘家がすごいなあ、最近は異種参戦が多いのねえ
と思いっきり勘違いして、
その間違いに気付いて、
でも近親相姦か、(またこーゆー不幸ネタか)
ペンネームもなあ(私はもうちょっと枯れてたり普通なペンネームが好み・北村薫とか)
ホームページもなぁ(ビジュアル系バンド???)
と思ってしばらく食わず嫌いしていたんだけど、
情熱大陸」を見ていっぺんに人物を好きになってしまった。

まず、体を鍛えているとこがいい!
体と心のバランスを取りながら、自己管理している、これは憧れ!
さらに、読書家なのがいい!
作家が読書好きって当たり前なことやろって思うけど、
見てると、なんだかデカダンな方向に行っている人の多いことよ。
確かにそれは文学に必要なことかもしれないけれど、
私の好みの作家は、趣味が
クラブ(ホストも銀座も)<ブランド<クスリ<グルメ<旅行<音楽<読書
の順で好きになっていることが多い。
不動の一位を保つ村上春樹さんしかり。
最近好きかなどうかなと思う石田衣良さんしかり。
中島らもさんも。

きっと「おひとりさま」でも完結している人が好みなのだ。
そういう人のほうが魂に磨きをかけているような気がする。
最近の作家は、文学に限らず、絵を描く人も、玉石の石がコンクリートになってるように見える。
テクはあっても、魂が薄い。
地雷で吹っ飛ばされた片足の痛々しい傷口に焦点を当てるより、
それによって鍛え上げられたもう片方の足を見つめたい。
こんなことをひとりぐちってるのは、年取った証拠なんだろか。。。
( θ_Jθ)

だから桜庭一樹さんも、新刊が出るとわくわくさせてくれる
作家さんかもしれないのだ。

せっかく一生懸命いろんな人が選んだ直木賞なんだから、
毛嫌いせず読んでみるのだ。
(どこか、賞とる本てお金の下品なにおいがしてケッって思っていたのだ)

前置きが長くなったが、とりあえず、「私の男」を図書館で予約。
もう600人近く先約がある。うっ。
「オール讀物」3月号も予約。こっちはちょっと我慢すると大丈夫そう。


オール讀物 2008年 03月号 [雑誌]オール讀物 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/02/22)
不明

商品詳細を見る
私の男私の男
(2007/10/30)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


しかしこの装丁というか、装画もすごい。
桜庭さんのホームページで大きい画像みて、圧倒される。
ムンクのようでもあり、でも現代の作家だろうなあ、
体臭と絶望とで息が詰まるような絵。

これ、誰が書いたの?
待ちきれないので、本文を読まないよう細心の注意を払って、
カバーの裏やら、本の後ろやら、探した。
Marlene Dumas。
あれ?聞き覚えがあるな???

そのはずだった、木場の美術館でちょうど一年前くらい、出会っていた。
ブロークンホワイト

キュレーターの友達に連れられていったんだっけかな???
南アフリカ共和国に生まれた白人女性として、アパルトヘイトアラーキーが背骨になっている展示だった。

この装画が本屋さんでもものすごいオーラを放っていて、
もう少しでもう買っちゃおうかなぁと思ったが、
待つ楽しみもあるので、我慢。

アマゾンで中身をちょっと見られる画集があったので、リンクはっときます。
マルレーネ・デュマスマルレーネ・デュマス
(2006/01)
バーバラ ブルーム、マリウッチャ カサーディオ 他

商品詳細を見る


もう一回、彼女の展示木場でやってくれないかなあ。
重すぎて家に飾ったりはできないけど、
広い美術館で見ると、いろんな人の顔が並んでいる壁なんてもう圧巻で、
しばらく自分のまわりの空気が変わってしまった。
そこまで相性のいい作家なんて、なかなかいない。

展覧会の画集は3000円台か。うーむ。迷う、、、
マルレーネ・デュマス ブロークン・ホワイトマルレーネ・デュマス ブロークン・ホワイト
(2007/04)
マルレーネ・デュマス、東京都現代美術館 他

商品詳細を見る

| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP